« 前途多難の地区体協 | トップページ | 長女の決心に感謝 »

2008.04.05

認定審査会の今昔

津軽広域連合介護認定審査会の総会である全体会があり、出席しました。
例年より開会時間が1時間繰り下げられましたが、それぞれの分野にかかわらず知己を得ているメンバーということで、1時間もかからずに分会ごとの話し合いも済んで懇親会に移ることができました。
ちなみに、私は3年連続で田村医師会長と一緒の分会となり、会長のご理解をいただいて分会長を仰せつかりました。

懇親会の参加者は30数名ということでしたが、医療・保健・福祉、さらには事務局を交えての歓談の席となり、事務局長を併任している高橋企画部長も畑違い?のメンバーにあいさつに回っておられました。
最初に委員となった際の懇親会には福祉関係者の姿はほとんどなく、二次会で嘆息したのとは全然違って、福祉系のメンバーの方が多くなっているのに今昔の違いを感じます。
何はともあれ、介護保険の根幹をなす組織ですので、今年もしっかりと取り組もうと思います。

« 前途多難の地区体協 | トップページ | 長女の決心に感謝 »

福祉と介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/40812814

この記事へのトラックバック一覧です: 認定審査会の今昔:

« 前途多難の地区体協 | トップページ | 長女の決心に感謝 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ