« 親の目に涙 | トップページ | 昴も「幼年期の終わり」 »

2008.03.21

小野寺大作さんと「再会」

小野寺大作さんとのご縁についてふれたばかりの頃に、遺作美術館が4月開館という報道があり、きっとそのことを知らせるために同僚だった方々と引き合わせてくださったのだと得心していたのですが、その開館記念の遺作展が開催されるというので、十和田市民文化センターに向かいました。

奥様である美樹さんが花が届いたばかりでなく送り主が現れたことに驚きながらも、昨年の通夜の席以来の再会に感謝と歓迎をしてくださいましたが、約200点の作品のうち個展のためにお借りした15枚とも一年半ぶりの再会ができました。
久しぶりに柔らかい筆致のすてきな絵の中には、小野寺さんが生き続けていると感じましたし、その安住の地となる美術館「DAISAKU ART MUSEUM」が4月6日に開館となりましたら、また十和田を訪ねたいと思います。

なお、今回の遺作展は23日(日)まで開催されますので、ぜひ多くの方々にご覧いただきたいと思います。

« 親の目に涙 | トップページ | 昴も「幼年期の終わり」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/40590971

この記事へのトラックバック一覧です: 小野寺大作さんと「再会」:

« 親の目に涙 | トップページ | 昴も「幼年期の終わり」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ