« 石戸谷名誉顧問の苦言を受けとめる | トップページ | 親の目に涙 »

2008.03.16

地道な取り組みのために、劇的パネル

あおもりみらい推進協議会が設立総会に続くイベントとして、「劇的パネルディスカッション『今どんだんず?あおもり』」を開催しましたので、久しぶりに青森市に向かいました。

劇的というのは何なのかと思っていましたが、弘大の演劇サークルによる今どきの若者が再会して交際に至るまでをドラマ仕立てで見せるとともに、6人のパネリストが3部構成の中でコーディネーター役をチェンジするという、斬新な展開には感心しました。

DSC00037.JPG

第1部は地域社会、第2部は男女・家庭、最後は必要な対策というテーマに沿って議論が進みましたが、リンゴ農家で独身の桑田クンといういじりやすいパネリストの存在によって、農業のネガティブなイメージや「家」にかかわる話が中心になってしまい、少々かみ合ってなかった感じがしました。
私は何度か話し込む機会があったので理解しているつもりですが、この会の趣旨を伝えるには後藤さんが考えているところを膝詰めで聞くような場を、まずは持つべきかもしれません。

ただ、こういう問題に真正面から取り組もうという後藤さんのバイタリティには頭が下がりますし、弘大の山下先生を引っぱり込んでしまった責任もありますので、これからも協力していきたいと思います。

« 石戸谷名誉顧問の苦言を受けとめる | トップページ | 親の目に涙 »

暮らしと仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/40540108

この記事へのトラックバック一覧です: 地道な取り組みのために、劇的パネル:

« 石戸谷名誉顧問の苦言を受けとめる | トップページ | 親の目に涙 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ