« 昴にも潜む危機 | トップページ | 板柳町議選に政治の恐さを知る »

2008.02.17

続けることの大切さ

むつ市釜臥山での大会を終え、恒例の反省会をしているところへ、うちの坊主もお世話になっている「スーパーチビッコチーム」を束ねている三上久光さんからの招集があり、全員でお宅におじゃましました。
こうなることはよくあるのですが、行ってみると相馬出身の高3二人が今日の大鰐スキー場での大会が引退レースになったのだそうで、小さい頃からかかわってきた久光さんのところで慰労会となったということだったので、私たちも加わって歓談となりました。

一人は小学校時代は小柄でも常勝だったのが体格やケガのせいもあって勝てなくなるという経験をし、もう一人は中学校時代エースの陰に隠れた存在だったのですが、それでも10年前後のスキー競技生活を続けてきたというのは、中学3年間だけ入賞などとは無縁の存在だった私からすれば、本当に大したものだと賞賛を送りたいと思います。
これからは違う世界でがんばっていくことになりますが、相馬のスキーで得た貴重な経験はムダにならない、きっと生きてくるものだと思います。

一方、宴の主である久光さんは、私が小学校の時代に役場に入り、コーチとしてばかりでなく仕事の面でも相馬のスキーにかかわってきた方ですが、石岡千春さんがトップを育てるのに尽力してきたのと並行して、スキーを好きになってほしい競技に飛び込んでほしいという思いで、入り口の部分で果たしてきた役割や情熱は、誰もかないません。
私も小さい頃からかわいがってもらっているので、好き勝手言わせてもらっていますが、その存在が大きいので甘えさせてもらっているようなものです。
ただ、その立場をいつまでもお願いしているわけにはいかないですから、育てていただいた私たちが、相馬のスキーの伝統が続いて進化していくようなバトンタッチをしていかなければならないと、不遜ながらも思っています。

« 昴にも潜む危機 | トップページ | 板柳町議選に政治の恐さを知る »

スポーツ」カテゴリの記事

相馬村」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。色々と面白く日々の出来事を読ませてもらってます。
さて…相馬のスキーに対する姿勢というのは本当に凄いと感じてます。最近は板を履いてませんが、一応有資格者でSAJ公認のクラブに所属してます。
よくロマントピアに滑りに行きましたが、そこで相馬中のスキー部員がひたすらタイムアップする為の基礎練習をしていた事を思い出します。タイムもそうだけど、スキーがうまくなる為の練習、そしてスキーに対するひたむきな気持ち…大切にして欲しいです。

はじめまして。色々と面白く日々の出来事を読ませてもらってます。
さて…相馬のスキーに対する姿勢というのは本当に凄いと感じてます。最近は板を履いてませんが、一応有資格者でSAJ公認のクラブに所属してます。
よくロマントピアに滑りに行きましたが、そこで相馬中のスキー部員がひたすらタイムアップする為の基礎練習をしていた事を思い出します。タイムもそうだけど、スキーがうまくなる為の練習、そしてスキーに対するひたむきな気持ち…大切にして欲しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/40167936

この記事へのトラックバック一覧です: 続けることの大切さ:

« 昴にも潜む危機 | トップページ | 板柳町議選に政治の恐さを知る »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ