« 決め手なき県農政を痛感 | トップページ | 世喜男さんの主張に感銘 »

2008.02.01

ホイドーズがつなぐ縁

ホイドーズ今年最初のライブが弘前市「Mag-Net」であるというので、その昔映画館「オリオン座」だった頃にはよくきたビルに足を運びました。
今回は、ワンマンライブでゲストに三味線奏者の野呂純一さん、「花嵐桜組」を率いる小野郁子さんのダンスユニット「ふわふわシャインMellow」、さらに当日決まったというATVの深夜番組「じしゃばん」の取材を兼ねて駒井亜由美アナまで登場するというサプライズ盛りだくさんで、ホイドーズ史上最高の141名の観客は大いに盛り上がりました。

私たちは、かねてからお願いしていたYOSAKOI用の曲の打ち合わせということで打ち上げに加えてもらったのですが、テーマがお山参詣ということで、村に移住してくれた登山囃子選手権で6年連続チャンピオンという輝かしい実績を持つ佐藤さんにも来てもらったので、笛を1曲吹いてもらいました。
これには、自らも篠笛を吹くホイドーズのリードボーカル・鉄マンばかりでなく、小野さんも感激してやりとりがはじまったので、こういう機会に黙っていてもと、「長慶苑飛馬の星です」とあいさつしました。
おかげでYOSAKOIや津軽の伝統芸能だけでなく、その中で新しい活動をしていく苦労まで聞かせてもらい、思いがけず意気投合しました。

ご本人も言ってましたが、私たちからしても花嵐は別格という気持ちがあって近づきもできないで反発を覚えていましたが、やはり同じYOSAKOIに取り組む仲間であるのをわかることができ、何よりでした。
こういう横のつながりができてくると、もっと大きなムーブメントになると思いますし、その縁をつないでくれたホイドーズとその友人に感謝です。

追伸:ホイドーズは、2日黒石伝承館の「足湯ライブ」に27:00前後に出陣です。
それから今回のライブの模様は、「じしゃばん」14日25:30に放送予定です。

« 決め手なき県農政を痛感 | トップページ | 世喜男さんの主張に感銘 »

イベント・まつり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/17927591

この記事へのトラックバック一覧です: ホイドーズがつなぐ縁:

« 決め手なき県農政を痛感 | トップページ | 世喜男さんの主張に感銘 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ