« スキーの温故知新 | トップページ | 昴にも潜む危機 »

2008.02.11

小野寺大作さんがつなぐ縁

長慶苑の中核を担う立場にいる職員の結婚披露宴があり、喜んで出席しました。
例によって新婦側代表での祝辞をお願いされていましたので、県の福祉行政に携わってきた新郎の父君とのご縁などに思いをめぐらしながら新郎側の祝辞を聞いていたのですが、新郎の恩師である岩山先生が十和田工業高校にも赴任していたという話をされたので、先年ALSという難病でお亡くなりになった小野寺大作先生のことが脳裏に走りました。
「つがるALSウィーク」というイベントにふくらむきっかけとなったのは、小野寺大作さんとの出会いがあったからですが、たった一度きりのかかわりであったにもかかわらず、先日の今泉昌一議員の報告会でも同僚であったという方とお会いしたばかりで、何とも言いあらわせないご縁を感じずにはいられません。

あいさつでもそのご縁にふれ、さっそく乾杯が終わってから岩山先生にごあいさつに回ったところ、先生にも偶然を喜んでいただくことができ、何とも感慨深い結婚式となりました。
こういう縁に包まれたお二人には、ぜひとも幸せな家庭を築いてほしいと思います。
和誉さん、そして美幸さん、お幸せに、そしてこれからもよろしく。

« スキーの温故知新 | トップページ | 昴にも潜む危機 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

福祉と介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/40098695

この記事へのトラックバック一覧です: 小野寺大作さんがつなぐ縁:

« スキーの温故知新 | トップページ | 昴にも潜む危機 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ