« 総選挙の年を実感 | トップページ | 予防従事者研修、3年目も猫の目 »

2008.01.13

沢田地区の象徴を見送る

同じ日程で行われる弘前地区での成人式に出席の返事をしていたのですが、前夜の通夜と「ワークキャンプの集い」とがかち合って出席できなかったので、故福沢ヒサエさんの葬儀に参列しました。

福沢さんは、ろうそくまつりでも知られる相馬の最奥部・沢田地区に長年暮らしてきた方で、息子さん方が引っ越した後もここで暮らしたいという姑のために一緒に残り、その方が長慶苑に入所した後も、一人で家を守ってきましたので、田高先生の独居調査でも協力していただきました。
また、人気番組である「所さんの笑ってこらえて」に出演した際にもウィットに富んだやりとりをしたことでも知られるようなすばらしい人柄の持ち主であり、俳句をたしなむ教養も豊かな方でしたので、長慶会の評議員としても長く務めていただきました。
沢田地区の皆さんには公私にわたってお世話になっていますが、限界集落に一番近い環境の中でニコニコと暮らしていた福沢さんの姿からは、暗さをみじんも感じられませんでしたので、厳しい中に明るさを感じさせる沢田の象徴のような方でした。

弔句を俳句仲間の方が詠んでくださいましたが、その中で披露された福沢さんご本人の句を紹介して、ご冥福をお祈りしたいと思います。
秋風に 一人歩きの 影法師

« 総選挙の年を実感 | トップページ | 予防従事者研修、3年目も猫の目 »

相馬村」カテゴリの記事

福祉と介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/17697986

この記事へのトラックバック一覧です: 沢田地区の象徴を見送る:

« 総選挙の年を実感 | トップページ | 予防従事者研修、3年目も猫の目 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ