« 韓国の施設と介護保険事情 | トップページ | 決め手なき県農政を痛感 »

2008.01.27

韓国をめぐるエトセトラ

観光や視察ではない海外渡航は、考えてみると20年前の卒業旅行以来というのも奇遇ですが、やはり普通の生活にふれたり、市民と語らう機会がないと、その国を理解することはできないと思います。
今回の訪韓は、それを思い返す機会になりましたし、ケアを通じた交流や理解の第一歩になると思いますが、そこで感じたさまざまなことを徒然にまとめて報告します。

○変わったこと
一番感じたのは、一流の経済産業国家になった自信のようなものです。
サムソンのTVをはじめ、すでに日本製品を上回る評価を得ているブランドも多く、20年前は三菱のマークが変わっただけだったヒュンダイが自社デザインで世界を席巻するほど、両者の立場が逆転しているのが象徴しています。

それは、以前はアングラでしか流入していなかった日本文化を堂々と受け入れるようになったことからも感じました。
ソウルにはセブンイレブンやファミリーマートが何軒もありましたし、書店に行くと完全にハングル化されたコミックスがずらりと並んでいました。
韓国にとって初めての国際イベントであったソウル五輪前後の高揚感と、前回の「日帝36年の支配」を叫んで金をむしり取られたような危ない目にあうような緊張感から、日韓ワールドカップを共催したことや韓流ブームで変わったものが、韓国の側にこそ大きかったのだろうと思いました。

○変わっていないこと
めざましい発展の一方、扉1枚分しかない間口の露店や、路地に品物を並べて商売をしている人々も多く、アジアらしさが残っているのも事実です。
それから、ソウルには「スターバックス」まで開店していますし、1杯30円程度で飲めるドリップ式の自動販売機も増えましたが、さまざまなところで出されるコーヒーは、砂糖とミルクが最初から入っていて、まだまだ揺るぎない地位を保っているようです。

○交通事情
鉄道においてもKTXという新幹線が開業し、日本で対向1車線でも高速道路と名づけているのが恥ずかしくなるほど網の目のように完備した高速道路といったインフラにも目を見張るものがありますが、何といっても驚くのは交通マナーです。
リムジンバスであっても猛スピードで割り込んでいきますし、道路を漫然と渡っているとクラクションを鳴らされます。
歩行者信号は青が点滅になるのが早く、そこでもせかされている気になりますが、信号が赤であっても車がきていなければ交差点を右折(韓国は右通行・左ハンドルなので、日本でいえば左折)してもよいというのは、なかなか合理的なルールだと思います。

○通信事情
携帯電話は持たず、せっかく持ち込んだMacをネットに接続できる環境にいたのが最終夜のホテルだけでしたので、ブロードバンド大国の恩恵にあずかる機会はほとんどありませんでした。
ただ、「PCバン(房)」というネットカフェが非常に増えていたのが印象的でした。

« 韓国の施設と介護保険事情 | トップページ | 決め手なき県農政を痛感 »

国際交流」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/17883027

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国をめぐるエトセトラ:

« 韓国の施設と介護保険事情 | トップページ | 決め手なき県農政を痛感 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ