« 「マリと子犬の物語」でカタルシス | トップページ | ねぷた愛好会、2年目の総会 »

2007.12.24

福士住職、今度は香道を語る

先日は茶道を語ってくださった龍泉寺の福士朋石住職が、今回は香道についてお話をすることになりました。
さすがに庶民の生活には無縁なものだけに、どうなることかと心配していたのですが、実際に香木の香りを「聞き」、さまざまな道具を見せていただいて、利用者の方々も興味を持ってくださって、予定の時間では終わらず、利用者が戻る時間になっても片付けが終わらないほどでした。

IMG_0535.JPG

文化をを知るというのもプラスを生むことですが、香りという形で嗅覚について確かめられるという効果もあり、五感に働きかけることの大事さを再認識しました。

それにしても、これだけ幅広く文化に通じ、たくさんの名品珍品を収集されている方がいるということには驚くばかりですが、せっかくのご縁と機会をいただいていますので、私ももっと勉強させていただこうと思っています。

« 「マリと子犬の物語」でカタルシス | トップページ | ねぷた愛好会、2年目の総会 »

文化・芸術」カテゴリの記事

福祉と介護」カテゴリの記事

コメント

私は中国から来ます。あなたに1種のチベット線香を推薦します。
伝統の技術を採用して製造します。数十種類の天然の薬草を含みます。化学の成分を含みません。
風邪を予防することができます。空気の伝染病を予防することができます。治療して眠れないことができます。
最も良いのが仏陀の用品を供えるのです。
私は日本語が話せません。英語でメールを書いて下さい。ありがとうございます。

xuehaibin@gmail.com
薛海濱
中國 北京

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/17531649

この記事へのトラックバック一覧です: 福士住職、今度は香道を語る:

« 「マリと子犬の物語」でカタルシス | トップページ | ねぷた愛好会、2年目の総会 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ