« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007.11.26

ハッスルマニアに泣き、学ぶ

立場上というわけではありませんが、近頃はまじめなできごとばかりになっていますけれども、今回の「ハッスルマニア2007」のことは、ぜひとも書いておこうと思います。
趣味=プロレスと明言しているものの、最近は生観戦はもちろんテレビでも見る機会がなくなっている私が楽しみにしているのは、「ファイティング・オペラ」と銘打ってエンターテイメントに徹している「ハッスル」です。
芸能人を参戦させたり、ガチンコではなくストーリーがあるのをプロレスと呼ぶべきかという見方もありますが、あれほど楽しめるものはそうそうないと思います。
過去2回の青森大会は生観戦しましたし、ほとんどの大会をスカパーのPPV(ペイパービュー)で見ていますが、今回は今までの中で一番笑い、そして泣かせる大会でした。

タレントの小池栄子と結婚したことで一般にも知られるようになった坂田亘選手がメインを立派に勤めあげたのは、前田日明率いるRINGSのデビュー試合からはじまって、故橋本真也選手のゼロワンと渡り歩いてきたのを見てきただけに、それだけでも感無量でしたが、格闘技一本槍のスタイルから奥さんと愛をちりばめたシーンを作り上げるまでのエンターティナーになったのですから、大したものです。
その試合のストーリーだけでも泣けましたが、何より感動したのは、その坂田選手がメインを張る重圧や一人では何もできないと思い知ったことを率直に吐露し、それを乗り越えられたのは仲間やスタッフそしてファンのおかげと涙した場面でした。
そこには、ストーリーでは語れない本物の思いがつまっていました。

今回のテーマは「ラブ&ハッスル」でしたが、愛というテーマをつけ足したことでイベントがグレードアップしたように、これまでのものに何かを加える工夫が大事だと考えさせられましたし、坂田選手のメッセージからも学ばなければならないなあと思います。
バカバカしいことでも真剣に受けとめると、必ず得るものがあるというのが、私のモットーです。

2007.11.25

もちつきで今年の締めくくり

鳴海清彦さんからの電話からはじまった岩木・鼻和地区との「農地・水・環境保全向上対策事業」でのかかわりは、5月の田植え、9月の稲刈りときて、今回のもちつきが締めくくりとなります。
鼻和地区から3名と杭止堰土地改良区の田沢さんに杵臼持参で足を運んでいただき、午前中の文化祭見学とあわせてきていただいている家族会の方々にもお手伝いをいただいての作業となりました。



来ていただいたことで長慶苑や介護のことで質問を受けたり、こちらも岩木地区でのさまざまな活動のことを教えていただくことができましたので、ぜひ来年もというお願いをしておきました。

2007.11.24

福岡で青森を見つける

福岡にきたのは、1999年に「入退所モデル事業」の先進地視察以来でしたが、遠く離れた地で青森県にふれているものを見つけるとうれしくなります。
それは、福岡市文化芸術振興財団機関誌「wa」でして、35号の特集が「アートを育む青森」と題して、県立美術館や奈良美智展のことなどを紹介していました。

地元で実際に見ているものが、それだけの評価を受けるものだというのがわかり、少し鼻が高くなりましたが、その季刊誌が市営地下鉄の構内で無料配布されているというのは、福岡の民度の高さを感じます。
また、こういう形での発見をしましたら、紹介したいと思います。

津軽の大先輩に恥じ入る

長慶苑で使っているケアプラン方式であるKOMIシステムの学会が福岡で開催され、2年ぶりに参加してきました。
せっかく九州まで足を伸ばすので、KOMIチャートを用いての事業計画づくりを「KOMI経営論」と銘打って発表をさせていただきました。
内容としては、人事システム構築にあたって期待成果を定義するのに悩んだ末、「利用者がその人らしく元気でいられる」ことにたどり着き、その指標としてKOMIチャートを使うことができること、そこから全体として低下が見られる分野に取り組む事業計画を立てるということを、10分という短い時間でまくし立てました。

まずまずの発表ができたと思いながら、次の特別講義を聞く立場に戻ったのですが、講師の安保徹先生の話し方に自己満足したことを恥じ入ることになりました。
安保先生は青森県出身で、病気の見方をひっくり返す研究をされており、『免疫革命』などの多数の著作があります。
それだけ高名な方が、朴訥な津軽なまりの言葉でゆったりとお話しされたのですが、ユーモアを交えてしっかりと笑いを取りながら、そのすばらしい研究が染みわたるような講義をされました。
その味わいはスマートな標準語では伝わらないものでしたが、津軽に誇りを持っているのであればわざわざなまりを直すことはないという無言のメッセージを受け取った気がしましたし、私のように最初からウケねらいで話さなくても楽しく聞いてもらえる話法の方が、数段上だと脱帽しました。

午前中の特別講義では、ブックレットやコミック化された長期連載「食卓の向こう側」の主管である西日本新聞社の安武信吾さんが、食の危険と『台所に立つ子どもたち』などで紹介されている「弁当の日」の取り組みを、泣けるプレゼンテーションしてくれましたし、学びの多い学会でした。

2007.11.22

余呉町の温かい福祉にひたる

6月の青森県在介協研修会の際に、講師である福井久さんから紹介していただいていた滋賀県余呉町を、ようやく見学することができました。
健康福祉課の池畑さんに迎えていただいて、課や保健センター・社協が入り、デイや生活支援ハウス、そして直営診療所もある「やまなみセンター」で國友課長にも加わっていただいて、福井さんを介護保険事業計画に巻き込んだ経緯から現在の状況、さらには介護からのまちづくりばかりでなくトータルとしてのまちづくりにまで話が及んで、同じ人口規模の村だった人間としての経験まで、話がはずんでしまいました。

第三セクター「ウッディパル」でダチョウ料理をごちそうになった後、10月に開設したばかりの認知症デイ「デイサービスセンター駅前」を見学しました。

IMG_0377.JPG

ここは、その名のとおり余呉駅の真ん前にあり、元々は医師の借り上げ住宅だったものを改修したのだそうです。
すでになじみの関係が作られてゆったりと過ごされている高齢者の方から「ゆっくりしていきなさい」と言っていただいたので、その雰囲気にひたりながら、戻りの電車を待たせてもらいました。
ここを起点に、新しい温かい福祉が余呉町に広がっていくのを確信しながら、負けていられないと思ったところです。

2007.11.21

パワーマネジメント研修で学ぶ

多摩研が主催する、丸二日間の「パワーマネジメント研修」に参加しました。

2月に「人事塾」に参加して人材成長システムを構築したのですが、実際に運用してみるとなかなか思うようにいかなかったり、それ以上に職員に対するプレッシャーにばかりなっている現状をどうしていけばいいものか、講師である松本先生に直接相談したいと思っての参加だったのですが、ちょうど悩んでいたことを具体的に解決する手法やヒントにあふれた研修でしたので、本当に参加してよかったと思っています。
特に、重要業務をとことん分解して最優先に何をするのか、それが日々の業務でうまくできるようになったかを確認して、プロセスをほめることが、モチベーションになり、成果を生んで、個々の成長につながっていくというのは、まさに人を育てる王道だと思いました。
二日間の中では、全国各地の同じ思いで取り組んでいる異業種の方々からもさまざまな学びをすることができましたし、一緒に人事塾を受講した青森市の若山会計士さんからは講師として他の法人に指導しているという情報もいただきましたので、福祉の世界にこのシステムが拡がりはじめたというのも心強い情報でした。

「利用者本位のケア」のためには、それを喜んで実践できる職員が必須ですし、それが実現できる環境を整えるのが、私の最大の仕事です。

2007.11.17

木村太郎と語る会で歓談

地元選出の木村太郎代議士が「語る会」という形式で、各地の後援会連合会単位での懇談会を開催することにしたそうで、相馬がその皮切りの地になりました。
世話役を務めた三上優一前市議の尽力もあってか、会場いっぱいの参加者であふれ、太郎さんも参議院選敗北の率直な反省や防衛庁副長官・政務官を歴任してきた立場としてテロ特措法の重要性といったまじめな話ばかりでなく、今政界を揺るがしている守屋問題にもふれ、自分にはまったく縁がなく「やまだようこ」という女性の名前だと思ったと、みんなを笑わせ安心させていました。
解散カードがいつ切られてもおかしくない状況ですから、その準備のために始動したということなのでしょうが、こうやって膝を交えて語る機会を大事にするのが木村流ですから、幸先のよいスタートとなったことでしょう。

私も、市議選では立場を違えざるを得なかった方々とも久々に歓談することができ、楽しいひとときを過ごすことができました。

2007.11.16

職親という新しい取り組み

午前中は配食や「生きデイ」での前途多難な説明を受けましたが、夕方に弘前保健所と「職親」のという、新しい取り組みへの打ち合わせをしました。

「職親」というのは、精神障害を持つ方の社会復帰に向けた訓練の一環で、週3回程度仕事場に通って作業に従事するというものです。
今年の年明けにご縁をいただいている地域活動支援センター「ぴあす」の津川恵子さんから保健所に推薦があったのがきっかけで、職親を引き受ける登録をしたのが形になったのですが、実は長慶苑も私自身も精神障害とはかかわりがあるのです。

長慶苑の初代主任看護師が藤代健生病院という精神科の出身だったことや、城東学園時代からお世話になっている臨床心理士の津川憲次さんとのご縁で、2年目から関連の社会復帰施設「さくら荘」の実習の一環で月2回リネン交換のお手伝いを3年間していただきました。
最初は先方もこちらもどう接していいのかわからず身構えていましたが、最後の頃には笑顔で「こんにちは」と明るいあいさつで入ってきて、てきぱきと作業をこなしてゆっくりお茶を飲んで戻っていくほど、長慶苑にも作業にも慣れてくださいました。
こちらとしては、特別何か準備をすることはなかったのですが、逆に普通に接するだけでいいのだというのがわかり、その体験が精神障害を持つ利用者の受け入れにも生きて、藤代に入退院を繰り返していた方がデイを利用してからまったく落ちついて入院することがなくなったので、当時の蟻塚亮二院長に高く評価していただきました。
そのおかげで私は、さくら荘の母体である社会福祉法人「花」の評議員に名を連ねることになりましたし、蟻塚先生の口車に乗せられて映画「折り梅」の上映をすることになったりという、貴重な経験のきっかけにもなりました。

長慶苑そのものは、さくら荘の実習が終了してから時間もたっていますし、改めて一からのスタートになりますので、逆に勉強させていただく機会として、温かくかかわっていきたいと思っています。

2007.11.13

膝つめで施策評価

先日も評価方法の説明のためにご足労いただいたのですが、県企画課の藤田サブリーダーが施策評価調書の確認のために、長慶苑まで足を運んでくれました。

今回は、「生活創造推進プラン」健康分野のすべてではなく、達成度の低い施策などから9つを選んで、施策そのものの善し悪しではなく、担当部局が自己評価したものが評価として適当かどうかを見るという作業です。
事前にいただいた調書に目を通して、昨年度の意見への対応、施策の有効性や展開の方向などについて、あらかじめ宿題を提出し、その中での不明な点や妥当ではない点を藤田さんがチェックを入れてきたものを、膝つめですりあわせをするという、本当に手間のかかることを、3時間がかりでやりました。
それでも、大部分の厳しい意見は、藤田さんも同じように受けとめていたものが多いのですが、こういう手法で計画を推進し事業を評価すると決めて進めていることなのですから、そこで手心を加えるのでは意味がありませんので、担当部局からすれば苦虫をかみつぶしたくなるものを突きつけることになると思います。

この評価がまとまれば、後期のプランづくりがスタートします。
ちょうど任期が切れることもあり、新たな委員を公募するそうですので、これからの青森県の方向性を考えてみたい、行政評価にかかわってみたいという方は、ぜひ応募してほしいと思います。
ちなみに、私はこれまでの委員としての評価を、再任されるかどうかで測りたいと思っておりますので、改めて応募はしないつもりです。

2007.11.11

ALWAYSに号泣しながら思ったこと

三日がかりで気を張り詰めていた研修から気分一新するために、「ALWAYS 続・三丁目の夕日」を観に行きました。

実は前作の時は全然関心を持たずじまいだったのですが、上映直前の「金曜ロードショー」を観たのが運のつきで、自宅ということもあり、ついついオンオン泣いてしまったので、これは研修が終わったら必ず観に行こうと心に決めていたのです。
ストーリーを語るのは無粋ですのでしませんが、わかっているような展開であっても、やはり号泣してしまいました。
すばらしい、心にしみる映画です。

ところで、笑いと涙にあふれた映画ですが、空襲での家族との死別、戦友の死の暗示、そしてシベリア抑留で実らなかった恋といったエピソードがちりばめられていて、「昭和30年代」という希望に満ちあふれた時代の影には、戦争の哀しみがあることも気づいてもらえるといいですし、それが平和を考えるきっかけになるとしたら、この映画の価値はさらに高まると思います。

それにしても、朝からの雨模様ということもあってか、映画館は人であふれていました。
「ALWAYS」には高校の恩師である獏不二男こと阿部次男先生の姿もあり、「恋空」には10〜20代の女性、「プリキュア」には女の子連れの家族が多く、さまざまな年代がさまざまなテーマの映画を楽しんでいて、邦画の復活というのを再確認しました。

2007.11.10

在介協東北ブロック研修会を終えて

在介協東北ブロック研修会が、終わりました。
初日の基調講演・ワークショップに続いて、ワークショップのグループテーマに取り上げたものを、さらに掘り下げるというシンポジウムをめざしたのですが、シンポジストとのコンタクト不足と助言者である栗林・秋田県会長と私との間での脱線ぎみの掛け合いで、在介協そして地域包括支援センター・在宅介護支援センターのこれからを語り合うというところには行きつかずに終わったのは残念ですが、参加した方々に元気を持って帰ってもらうことはできたのではないかと思います。

今回の研修が常識破りの成功だとすれば、その理由は違う意味で常識破りだった昨年度の研修会から学ぶものがあったこと、全国でも飛び抜けた組織率を誇る青森県在介協をまとめてきた坂本会長の力、そしてその坂本会長が今回の研修を私に全権委任してくださったので思いどおりの構成をすることができたこと、その三つに成功の理由があると思います。
研修委員長という役割をいろいろな団体でいただいてきましたが、団体がまとまったり、その中で成長をめざしていくには、何といっても研修が最大のチャンスなのですから、そこに力点を置かないのであれば、その団体には存在意義はないと思っています。
私自身は現場の業務から離れた位置にいる人間ですが、逆にマネジメントということでいえば現場や福祉の業界以上に進んだでいるNPMを学ぶ機会に恵まれていますし、その中で身につけたファシリテーションというスキルや、発表というレベルではないAppleのスティーヴ・ジョブスのようなプレゼンテーションを見せることで、違う世界からの刺激をもたらすことができたと思っています。
すでに来年度開催県の岩手県・吉田会長からはオファーをいただきましたが、自分の持っているものを伝えていく機会を与えてくださるのであれば、どこへでも行くつもりです。

最後に、元気とやる気があふれた研修風景と、成功のために裏方に徹してくださった八戸地域介護支援専門員協議会の方々による交流会での「虎舞」をご覧ください。

2007.11.09

初日はひとまず大成功

地域福祉の窓口である地域包括支援センター・在宅介護支援センターの団体である在介協東北ブロック研修会がはじまりました。

昨年を約100人も上回る250人もの参加者になったのは、制度改正の混乱の中で青森県在介協をまとめきってきた坂本美洋会長のお力によるものですが、研修の成否は研修委員長である私にかかっています。
そのための準備を昨年来ずっとしてきましたが、基調講演にお越しくださった全国在介協の青木佳之副会長からは、在介協の現状から般若心経のマネジメントサイクルという深遠なテーマまでの格調高いお話をしていただきました。
その後は、27グループに分かれてのワークショップで、事前にファシリテーター養成研修まで行った甲斐があり、短い時間の中で非常に盛り上がった話し合いが進んでいました。
4つのグループに発表をしてもらいましたが、急な指名にもかかわらずしっかりした発表が続いて、大成功に終わりました。

夕方の交流会でも、多くの方からねぎらいとおほめの言葉をいただきましたが、私もファシリテーターを務めてくださったメンバーに感謝のあいさつ回りをしました。
「これで終わってもいいくらいだ」という声もありましたが、さらに上積みの成果を持って帰ってもらうために、二日目のシンポジウムに臨もうと思います。

2007.11.08

青木副会長と十和田湖へ

在介協東北ブロック研修会の基調講演をお願いしている青木佳之・全国在介協副会長が前泊でお越しになるというので、先日のお礼と打ち合わせを兼ねて、三沢空港に迎えに行きました。

以前青森市での学会で八甲田には行ったことがあるそうですが、十和田湖まではないということで、晩秋の奥入瀬渓流をドライブしてご案内しました。
ほとんど紅葉も終わっているだろうとは思っていましたが、冷え込みが遅かったせいかせいか、まだ赤や黄色の葉をつけている木々もあり、一面が紅葉するような観光地が岡山にはないということで、広大な自然を楽しまれていました。
車中でも、ナイチンゲールについての正しい知識を持たれていることや、介護や政治に関する現実の話題ばかりでなく、植物に対する造詣や歴史に関する知識を聞かせていただき、その博識ぶりには驚くばかりでしたし、貴重なお話を独り占めできて、ご案内した甲斐がありました。

いよいよ準備万端整いましたので、二日間の研修が成功するよう、がんばろうと思います。

2007.11.07

福士住職に学ぶ

最近ご縁をいただいている龍泉寺の福士朋石住職が、紙漉沢にある長慶天皇の御陵墓参考地を訪ねてみたいというので、ご案内しました。

IMG_0344.JPG

山頂にある参考地までは上りませんでしたが、天皇を祀っている上皇宮を散策したのですが、大きな切り株と切られて横たえられていた幹とがあり、楠ではないかと尋ねられたのですが、門外漢の私には答えられませんでした。
楠というのは、字のごとく南方の木だそうで、このあたりには自生しないということなので、もしそうだとしたら南朝ゆかりの木を運んできた事実が浮かび上がってきますし、こういうところに歴史のヒントがあるのに、改めて気づかされました。
その後も、お寺に戻ってから墨や硯の話になって、古くは周の時代のものから端渓石で作られた逸品などを見せていただきながら、書についてのお話を聞かせていただき、文化というものの奥深さを、夕方までじっくりと教えていただきました。

その中で趣味は何かと問われましたが、考えてみると読書やコンピュータといった実益になることばかりで、人間を深めるようなことを何もしていないことに思い至り、何かやってみようかと思いました。

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ