« 陸上シーズンは終わりましたが | トップページ | 久々に福祉の同志と再会 »

2007.10.16

監査を傍目で眺める

2年ぶりの県からの実地指導が行われました。
印象としては、前回と同様でしたが、一番大きな違いは、やりとりを脇で聞いているだけで、とやかく口を差しはさむこともなくなったことです。
以前は、その場で反論したり、激しいやりとりになることがありましたが、さすがに現場のことを任せてしまえば出る幕もありませんし、現場の担当者もそれだけの実践とこの場に耐えうる力をつけているのを信じていますので、気楽なものでした。

何点かの枝葉末節な指摘は受けましたが、大きな改善を求められることはなかったことを報告しておきます。
ただ、何ごとも紙ベースでのしっかりした書類整備という指摘がありましたが、法令遵守=コンプライアンスもさることながら、省資源というエコの観点も大事なのではと受けとめました。

« 陸上シーズンは終わりましたが | トップページ | 久々に福祉の同志と再会 »

福祉と介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/16777983

この記事へのトラックバック一覧です: 監査を傍目で眺める:

« 陸上シーズンは終わりましたが | トップページ | 久々に福祉の同志と再会 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ