« 認定審査会研修で重箱の隅をつつく | トップページ | 中越沖地震の実態に驚がく »

2007.10.19

ホイドーズと意気投合!

実は横浜で昼食を取っているところに電話があり、来年の「飛馬の星」の曲をお願いしようとしているホイドーズと話しするなら今夜がいいということになり、研修を終えてから黒石市にある音蔵「こみせん」に向かいました。

DSC00032.JPG

ホイドーズは、黒石市出身で竹村の友人である鉄マン率いる4人組のバンドですが、津軽衆の熱い思いを元気の出る曲にこめて歌っていて、久々に昔ながらの「こみせ」の通りにある米倉を改修したステージでのライブを楽しみました。

終わってからの打ち上げの席に加えていただく形で、津軽らしい曲を作りたいというこちらの思いを伝えると、そこでお山参詣の話になり、鉄マンの父との思い出にもつながるということで話が盛り上がって、意気投合することができました。
きっと、来年は津軽の響きが心を揺さぶるような曲で、津軽のYOSAKOIを変えるくらいの意気込みで臨めそうです。

それはさておき、私も大学時代にデビューをめざしながらも解散していったバンドやCMソングまで出したバイトの仲間がいて成功と挫折を見てきただけに、メジャーへの道をめざすホイドーズにはここからの壁を突き抜けてほしいと思いますし、きっとできると応援していこうと思っています。
来週からは、「あっと生テレ」のエンディングでも曲が使われるそうですので、ぜひ聴いてください。

« 認定審査会研修で重箱の隅をつつく | トップページ | 中越沖地震の実態に驚がく »

イベント・まつり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/16823339

この記事へのトラックバック一覧です: ホイドーズと意気投合!:

« 認定審査会研修で重箱の隅をつつく | トップページ | 中越沖地震の実態に驚がく »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ