« 相馬小30周年での光と陰 | トップページ | 町名変更へ、最終コーナー »

2007.09.30

山形でマニフェストスクール

ローカル・マニフェスト推進地方議員連盟は第2期の活動として、地方でのマニフェストスクール開催による活動の浸透と会員増強を図っていますが、東北においても共同代表である佐藤丈晴・酒田市議が中心となって開催されました。
運営委員の端くれである私には準備から参加する責任があったのですが、相馬小30周年とかち合ってしまい、前日の懇親会の最後に間に合うのがやっとで、その罪滅ぼしで二日目の進行を仰せつかりました。

当日の内容としては、議連の顧問である北川正恭・早大教授と山本啓・東北大教授の連続講座を少数精鋭で聞く形になりましたが、北川先生の事実前提の「ドミナント・ロジック」=先入観に染まった管理の手法から「何が大事か」という価値前提の経営に切り替えていかなければならないという視点で、現実の政治の世界を知り抜いた鋭い指摘が続きました。
例えば、三重県時代に決算議会の時期を前倒しなければ翌年の予算に反映されられないので改めたというのも、ついこの間まで唯々諾々と従前の流れに乗ってきた者としては、耳の痛い目から鱗の話でしたし、開票事務の改善では自らに年内で100人の首長に依頼をするという目標を課して取り組んだという実践も教えてくださいました。
それだけでも十分勉強になりましたが、午後に行われた市民向けのシンポジウムでは同じテーマを違う対象にあわせてストーリーを組み替え違うエピソードをちりばめて語られるのには、本当に感服してしまいました。

その効果もあって、非会員で参加した7名すべてが入会してくださったそうで、会員増強を果たすことにつながったのでホッとしていますが、参加人数を見る限りまだまだマニフェストを掲げての政治活動には理解をいただいていないのが実情です。
政治風土の改革にためにも、来年は青森県での開催をぜひとも実現したいと思っています。

« 相馬小30周年での光と陰 | トップページ | 町名変更へ、最終コーナー »

政策・マニフェスト」カテゴリの記事

コメント

先月のニュースを整理していて初めて気がついたのですが,中橋さんは慶応大学大学院特別教授にご栄転だったのですね。よろしくお伝えください。
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2007/20070930163132.asp
見ず知らずの私に,気さくにお話しくださり,資料もたくさんいただいたのに,お礼もしないままで、本当に失礼致しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/16635623

この記事へのトラックバック一覧です: 山形でマニフェストスクール:

« 相馬小30周年での光と陰 | トップページ | 町名変更へ、最終コーナー »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ