« 本家本元のよさこいに真髄を知る | トップページ | お山参詣の醍醐味を体感 »

2007.09.06

提言のしかたに違和感

8月に地域ごとの検討会はありましたが、久しぶりに全体でのフォローアップ委員会の開催となりました。

分野別の検討をしない形で、地域ごとに世間話をさせられているうちに、事務局で100ページを超える提言案をまとめていたわけですが、改めて説明を聞きながら目を通していると、すべての政策ごとに何項目もの「〜が必要」という改善案が提示されていて、その中で最重要なものは何かというのがまったく見えてこないものになっていました。
全体を通しても、雇用が大事なのか、医療などの地域格差が問題なのか、それ以上に人口減少への対応が必要であるのか、まさに総花的に相反する事柄まで並べ立てられていたので、これでは提言と言えませんと意見をのべました。
21日の総合計画審議会を控えて、今さら見直しというわけにはいかないでしょうし、大体にして提言を受けて政策展開していこうという気があるのかすら見えない知事には馬の骨に念仏ですから、とりあえず矛先を収めておきました。

こういう煙たい存在は事務局として外したいところでしょうが、佐々木委員長が次に控える施策事業評価の担当委員にノミネートしてくださったので、行政の現場にアウトカムの視点を根づかせるかき回しをもう少し続けたいと思います。

« 本家本元のよさこいに真髄を知る | トップページ | お山参詣の醍醐味を体感 »

政策・マニフェスト」カテゴリの記事

青森県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/16382584

この記事へのトラックバック一覧です: 提言のしかたに違和感:

« 本家本元のよさこいに真髄を知る | トップページ | お山参詣の醍醐味を体感 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ