« 浅井慎平さんにワセダ精神を見る | トップページ | 相馬小30周年での光と陰 »

2007.09.28

東北ブロックへ臨戦態勢

いよいよ40日あまりに迫ってきた在介協東北ブロック研修会に向けて、初日に行うワークショップでの進行役であるファシリテーターを養成する事前研修を行いました。
これは単なるグループ討議をするのではなく、すべての人が意見を出し合って参加意識を持ってもらった上で、夕方の交流会の前にお互いを知り合う流れを作っておきたいという思いと、ファシリテーターを任せることで組織内でのリーダー育成につなげるためにも、事前にしっかりした研修をしておく必要があると考えたからです。

IMG_0244.JPG

予想しているグループ分けの倍にあたる30名もの参加者があり、私から今回の東北ブロックのねらいとファシリテーターについての基礎知識を伝えた後、実際に2回のワークショップを体験してもらいました。
最初のあたりはとまどいと遠慮がありましたが、さすがに現場で最前線に立っている人材ばかりとあって、2回目となると進行もスムーズでやりとりもプラス方向で盛り上がっていて、今回もくろんでいたレベルまで到達してもらえたので、満足して研修を終えることができました。

基調講演には青木全国副会長を迎えることが決まり、ワークショップにもこれだけの準備をして臨戦態勢は整いましたので、東北の在宅介護支援センター・地域包括支援センターにかかわる方ばかりでなく、全国からの参加を呼びかけたいくらいの思いで、八戸市でお待ちしております。

« 浅井慎平さんにワセダ精神を見る | トップページ | 相馬小30周年での光と陰 »

福祉と介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/16634632

この記事へのトラックバック一覧です: 東北ブロックへ臨戦態勢:

« 浅井慎平さんにワセダ精神を見る | トップページ | 相馬小30周年での光と陰 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ