« 星まつりを出店から見る | トップページ | 鈴木喜代春先生のお話を聞く »

2007.07.16

田中真紀子代議士の政談に降参

参議院選挙の応援で田中真紀子代議士が急きょ弘前入りすることになったというので、政談を聞きにいきました。

さすがにビッグネームが来るというので、日頃顔を合わせている方々よりも田中角栄時代を懐かしむような見慣れない方々が多く、会場はまさに人があふれて、通路に座り込んで聞く方までありましたし、入場の際の鳴りやまない万雷の拍手は、今までに覚えのないものでした。
ちょうど地元新潟での大きな地震があったところでしたので、開始も少々遅れることになりましたが、30分の予定を倍もかけて、たくさんの笑いをちりばめながらも、なぜ自民党支配を転覆させなければならないのか、テーブルを叩くほどの迫力でのお話は、総理大臣就任前に聞いた小泉純一郎をはるかに上回るもので、政治にかかわる者として圧倒されてしまいました。降参です。

話術以外でも、「消えた年金」の件は10年前の移行の際にすでにNTTデータから政府に報告があったのに黙っていたこと、小泉訪朝に際して北朝鮮に機密費が渡されていることといった知られざる事実にふれていたのには関心をひきましたし、何といっても戦後日本の基礎は平和憲法と経済発展を支えた国民の努力だと力説したのには、共感と感銘を受けました。

« 星まつりを出店から見る | トップページ | 鈴木喜代春先生のお話を聞く »

政治活動」カテゴリの記事

コメント

自然の力は大きいですね。

ぎりぎりのところではありますが、厳しいデータ突き合わせが少しは役に立ったのかなと思いながら、なんとか柏崎刈羽の原発7基が停止したまま、東京電力管内がこの夏を過ごせれば原発削減の可能性も模索でき、不幸中の小さな幸いなのですが。

それにしても、北朝鮮への機密費の話、元外相が暴露するにしてはお粗末すぎると私は思うのですが、政治家というのは自分の立場を正当化する為には、国民の危険は厭わないものなのですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/15776562

この記事へのトラックバック一覧です: 田中真紀子代議士の政談に降参:

« 星まつりを出店から見る | トップページ | 鈴木喜代春先生のお話を聞く »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ