« 佐々木利正さん、おめでとう! | トップページ | 鏡ヶ丘同窓会でビギナーズラック »

2007.07.05

レジデンシャルからコミュニティへ

第7回となる「レジデンシャルケア研究会議」が東京で開催され、参加してきました。

「レジデンシャル」とは「施設での」という形容詞ですが、施設そのものが居住とケアを分離させていこうという方向性が明確になり、在宅でも小規模多機能といった地域密着型のサービスが動き出し、それぞれのベクトルが交わろうとしていく状況での最先端として、障害における社会福祉法人 むそうやホスピスからのケアタウン小平などの地域=コミュニティづくりの取り組みを知ることができました。
一施設としての長慶苑では無理なことでも、地域のさまざまな立場の人たちを巻き込むことができれば可能なことだと思えましたし、過疎化や医療崩壊の危機に瀕している弘前だからこそ取り組まなければならないことだと感じました。

厚生労働省からも、介護保険のドンである中村秀一局長やコムスン問題に追われている古都課長もスピーカーとして登壇し、最前線の話を聞くことができましたが、その準備をされてきた廣江研大会長や幹事の西元さんと、公私にわたる参考になるお話をすることができるのにも、足を運ぶ意義を感じています。
来年は大分ということですが、何度か候補地に上げられている青森で開催する暁には、できるだけの協力をしたいと思っています。

« 佐々木利正さん、おめでとう! | トップページ | 鏡ヶ丘同窓会でビギナーズラック »

福祉と介護」カテゴリの記事

コメント

めまぐるしい変化の為に、ずっとコミュニティが脅かされつづけている都心部。渋谷に、昔の友人に誘われて日曜の早朝に献花してまわって3週目になります。

シエスパ事故、モルガンスタンレーの方のバラバラ殺人。センタ−街改装や代々木公園のホコ天が廃止され、整然となった渋谷の街は,何か行き場を失ったエネルギーが噴出するかのような事故がたてつづけに起きています。阿部首相、麻生外相のご自宅も、2・26事件の碑もある松涛・富ヶ谷エリアなのです。

電車に乗ろうとして通りかかった、富ヶ谷小学校(子供がお世話になっていました)校庭の裏門前で、奈良美智さんの展覧会をしていたのに、不思議な縁を感じました。  

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/15678612

この記事へのトラックバック一覧です: レジデンシャルからコミュニティへ:

« 佐々木利正さん、おめでとう! | トップページ | 鏡ヶ丘同窓会でビギナーズラック »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ