« 夏まつりにサプライズゲスト | トップページ | 東北ブロックに、乞うご期待 »

2007.07.25

藤原家とのご縁


『わかりあえる日のために』という、荒れる中学校を落ちつかせた過程と自らの差別と戦ってきた人生、そして筋ジストロフィーという難病に冒された息子との絆を赤裸々に綴った広島県神辺西中の前校長、藤原幸博さんのお宅におじゃましました。
私はその息子さん裕也さんと通信教育のスクーリングで一緒になり、少しだけ介助をしたご縁で、裕也さんが亡くなられた今も家族ぐるみでおつきあいをさせていただいていますので、今治市での視察を終えた後翌日の視察先である福山市に入ったので、仏前に回向してから幸博さんと次男の章博君と食事をしました。

前回おじゃましたときは神辺町だったのですが、それが一夜にして福山市と合併することになった話やさらに孫が増えて5人になったことでも話がはずみましたが、何といってもこの3月まで教育の最前線に立ってきた方ですので、すぐそばで見聞した「100マス計算」の陰山先生のことや、選挙に出たヤンキー先生のことなどをストレートに聞いてみました。
そういうやりとりの中で一番力説されていたのは、いい先生と一緒に過ごした時期だけでなく、その先生と離れた後でも自ら学ぶ姿勢が失われないような教育が大事で、そのためにも一人の人間として信頼できるような生き方をおろそかにさせないことだというのは、それだけの実践をされてきた方だけに重い言葉だと感じました。

それにしても、13年前の何気ない出会いが、こういうすばらしい先生そしてご一家とのおつきあいになるのですから、本当に人との出会いこそ大切なものはありません。

« 夏まつりにサプライズゲスト | トップページ | 東北ブロックに、乞うご期待 »

子育て・教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/15937191

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原家とのご縁:

« 夏まつりにサプライズゲスト | トップページ | 東北ブロックに、乞うご期待 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ