« 鈴木喜代春先生のお話を聞く | トップページ | 菅直人代議士の真骨頂を見たかった »

2007.07.20

100歳のシンクロニシティ

長慶会のグループホーム「りんご座」に入居されていた、100歳になったばかりの宮川ツヨさんが水曜日にお亡くなりになったのを看取ったばかりなのですが、今朝になって相馬村出身者としては最高齢である三上タマさんの訃報も飛び込んできました。
先月お亡くなりになった今常太郎さんとあわせて、約1ヶ月の間に3名の100歳を失うことになりました。天寿とを全うされた方々とはいえ、宝ものを三つなくした気がします。

実は、数年前の年末年始にも村内在住の100歳以上の方々3名が相次いでお亡くなりになったことがあり、常太郎さんがお亡くなりになった際にもしかしてと思っていたことが現実になってしまいました。
前回の時は、一緒にデイサービスにきていたこともあり、最初の訃報を聞いたことで寝込んだという直接のかかわりもあったので納得していたのですが、今回はそういう縁はないものの、何か見えない魂の引き合いでもあるような気になります。

何はともあれ、ご冥福をお祈りするとともに、次の100歳到達の方が育つように、日々のケアに努めていきたいと思います。

« 鈴木喜代春先生のお話を聞く | トップページ | 菅直人代議士の真骨頂を見たかった »

相馬村」カテゴリの記事

福祉と介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/15822603

この記事へのトラックバック一覧です: 100歳のシンクロニシティ:

« 鈴木喜代春先生のお話を聞く | トップページ | 菅直人代議士の真骨頂を見たかった »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ