« 進路講話で中里に恩返し | トップページ | 真のネットワークを実感 »

2007.06.07

我がこととしての指定取り消し

以前から介護保険事業所の指定取り消しはありましたが、不正請求によって文京区の特養ホーム、そしてあのコムスンが更新を認められないという二つのニュースは、介護保険制度への信頼を根底から揺るがすものだと思います。

コムスンは、業界最大手の一つとして社会的にも注目される企業であり、民間参入の象徴といってよい存在ですし、もう一方の区立の特養はその対極にある公的な施設です。
そのどちらにおいても不正が行われているというのでは、この業界全体がそういうものだと思われても仕方がありませんし、適正に運営していたとしても、うちは違うと対岸の火事として受け流していいことだとは思えません。
また、これまでも老人保健施設などで不正請求があった場合に、影響が大きいとして指定取り消しまでは行われなかったものですが、今回はその一線を越えた処分に出ていますので、これからさらに厳しい監督がされていくことになるでしょう。

介護報酬の引き下げ、困難になっている職員確保、課題ばかりの上にさらに厳しい難問を突きつけられた状況ですが、だからこそしっかりとした理念を持って正しい道を進みながら、同じ業界の仲間にも伝わるようにしていくしか、打開していく術はないと思っています。

« 進路講話で中里に恩返し | トップページ | 真のネットワークを実感 »

福祉と介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/15344634

この記事へのトラックバック一覧です: 我がこととしての指定取り消し:

« 進路講話で中里に恩返し | トップページ | 真のネットワークを実感 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ