« 小南先生、ケアの真髄を語る | トップページ | 三村知事再選の問題点 »

2007.06.03

足元を見る県の対応にあきれる

津軽圏域の自治体病院の再編が白紙に戻るのが決まるというので、弘前市議としても青森県総合計画審議会委員としても、実際の話し合いの様子を見聞しておきたいと思い、議会事務局、さらには県企画課から申し入れをしていただいたのですが、どちらもノーという回答で、傍聴がかないませんでした。
ところが、当日の朝にそのことをお伝えした三上隆雄県議から、傍聴できたというのを相馬小の運動会で聞いて、あきれてしまいました。
県が主催する会議とはいえ、当事者の一方である自治体議員にも、その再編計画の進捗を評価する立場の審議会員にも公開を拒んでおきながら、県議からだと唯々諾々と通してしまうというのは、何とも浅ましい心根だと思います。

今回のことばかりでなく、総合計画を進めていく上では、それぞれの基本計画や重要なプランについて知り、整合性を持って進めていくことが必要だと思っていますので、めげずに扉をこじ開けようと思っています。

« 小南先生、ケアの真髄を語る | トップページ | 三村知事再選の問題点 »

政策・マニフェスト」カテゴリの記事

青森県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/15323667

この記事へのトラックバック一覧です: 足元を見る県の対応にあきれる:

« 小南先生、ケアの真髄を語る | トップページ | 三村知事再選の問題点 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ