« 「あいや」をフルハウスに | トップページ | 立派な父を見送る立派な息子の姿に感銘 »

2007.05.22

学校自治を守る話し合い

校庭の草刈りのことで話し合いをしたいという連絡をいただいて、要領を得ないままに学校に向かいました。
内容としては、今度の土曜日の環境整備のことではなく、それ以外の時期にこれまでは有志で行ってきた草刈りを、部活の活動費の足しにするという名目で各クラブに請け負ってもらうという趣旨でした。
今年度の分に関しては、二つのクラブでの分担が決まりましたが、これを部活で引き受けるのがいいのか、学校全体のことなのだから地区ごとにお願いしてはいう声もあり、いずれにしろ全体に伝えて状況を共通理解してもらうようにしようということになりました。

その話し合いが終わってからも、部活とスポーツ少年団との違いや先生方のかかわり方、総合学習での学校農園のこと、そして突然使えなくなったプールの問題などをひとしきり話し込みましたが、学校を守っていくには親の負担が必要であるし、そのためにもこうした話し合いの機会が大事だという認識で一致しました。
少子化と生活の多様化の中で親にかかる負担は大きくなる一方ですが、子どもたちのために何とか踏んばっていかなくてはなりません。

« 「あいや」をフルハウスに | トップページ | 立派な父を見送る立派な息子の姿に感銘 »

子育て・教育」カテゴリの記事

相馬村」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/15174192

この記事へのトラックバック一覧です: 学校自治を守る話し合い:

« 「あいや」をフルハウスに | トップページ | 立派な父を見送る立派な息子の姿に感銘 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ