« 各論バラバラのプラン連発 | トップページ | ネバー・エンディング・ラプソディー »

2007.03.06

認定審査会が生み出すもの

今年度最後の認定審査会に出席しました。
最後に入ってきたのは、田村端穂医師会長でしたが、今回の審査会の眥さんとは親しくやることができたので、終わったら一席もうけるつもりでタクシーできたと、開口一番おっしゃったので、びっくりしました。
突然の話だったので、全体会の際にぜひということになりましたが、うれしい申し出のおかげで、和気あいあいのうちに審査を終えました。
友人の医師にこの話をすると、それは珍しいと言われましたが、これまでの分会でそういう話になったこともないのに、田村会長自らのお声がけというのは、うれしい限りです。

これは、分会の進行を会長に固定せずに順番に行ったり、お忙しい田村会長の予定にあわせて繰り上げて開始したような積み重ねがあったからだと思いますが、介護保険とは医療・保健・福祉が同じ土俵で一緒に取り組むものという理想を、それぞれの関係者がかかわる審査会という場を通じて近づけていくことができるのを実感しました。

« 各論バラバラのプラン連発 | トップページ | ネバー・エンディング・ラプソディー »

福祉と介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/14220329

この記事へのトラックバック一覧です: 認定審査会が生み出すもの:

« 各論バラバラのプラン連発 | トップページ | ネバー・エンディング・ラプソディー »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ