« 介護者教室で談論風発 | トップページ | 浦安市・癒海館の「虐待」報道 »

2007.02.20

明日の老施協を創る会

以前、Blogでもメルマガでもふれた全国老施協の内紛ですが、4月に行われる会長選挙に中村会長に対抗馬を立て、真実を訴えていくために「明日の老施協を創る会」が結成され、その総会があるというので、上京しました。
案の定、青森県からはたった一人でしたが、500人近い参加者というのが、いかに反中村の気運が高まっているかの証明です。
そこで、宮崎県会長である野辺正涼さんを会長候補に据えることが決まりましたが、20人の代議員の推薦という立候補の壁や、現体制に圧倒的有利な代議員の選び方、さらには通例5月に行われる県レベルの総会前に選挙を行うという日程、すべてにおいて不利な状況だけに、選挙後のことも考えていく必要があります。

ところで今回参加したのは、会の事務局長を務める栗野裕治さんをねぎらいたいというのが一番だったのですが、思いがけず栗野さんと一緒していた際の21世紀委員の仲間が何人もいて、さながら同窓会でした。
そこで、今回の組織候補擁立にまつわるすったもんだや、埼玉県では組織率が20%台まで落ち込んでいるといった公表されていない事実を聞くことができ、やはりあわなければ伝わらないことがることがあるのを実感しました。

栗野さんには活動への協力を約束して別れましたが、その波がまったく届いていない県組織の中で、どういう形にしていかなければならないか、どういうことができるか、自分の役割を考えていきたいと思います。

« 介護者教室で談論風発 | トップページ | 浦安市・癒海館の「虐待」報道 »

福祉と介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/13993121

この記事へのトラックバック一覧です: 明日の老施協を創る会:

« 介護者教室で談論風発 | トップページ | 浦安市・癒海館の「虐待」報道 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ