« 介護予防本格実施への熱意 | トップページ | 「人事塾」で得たもの »

2007.02.14

清風荘の取り組みに思う

実は、東北町にある会場で行われる6回の人事セミナーに参加していたので、せっかくの機会に青森市以東の施設を見学させてもらってきました。
最後ということで、平内町の高齢者総合施設「清風荘」の地域における新しい事業を見学させていただきました。
一つは和風を基調にしたデイサービスセンター「西の家」、もう一つは民家を借りてデイを実施している「口広の家」です。

DSC00747.JPG

開設の経緯は、ケアハウスに入居されていた方が自宅に戻りたいというので、それなら職員をつけて安心して復帰するついでに地域密着のサービスを実施しようという話になり、ご本人だけでなく泊まりも受けているそうです。

これこそ、地域密着のモデルケースですし、「西の家」の作りにも勉強になることが多かったのですが、定員・利用者数に対する職員配置も厚いようで、これで経営的にはどうなんだろうと、同じことで悩んでいるだけに気になってしまいました。
福祉やケアの理想を追求していくと、自らの首を絞める結果になりかねない制度設計を見直してもらう必要があることも、理解していただきたいと思います。

« 介護予防本格実施への熱意 | トップページ | 「人事塾」で得たもの »

福祉と介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/13939631

この記事へのトラックバック一覧です: 清風荘の取り組みに思う:

« 介護予防本格実施への熱意 | トップページ | 「人事塾」で得たもの »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ