« 東国原さん、おめでとう | トップページ | 現場と学校の双方向性を再確認 »

2007.01.23

伊藤支配人、お疲れ様でした

噂では聞いていましたが、先ほどひょっこり「星と森のロマントピアそうま」の伊藤支配人がわざわざ退任のあいさつに見えました。
部長として2年、支配人として再び迎えられて5年、ホテルマンとして、この田舎で厳しい状況の中、よくやっていただいたと思います。
その中で、議会に赤字補てんなどのお願いをする際に、もっと厳しく言われる覚悟をしていくと、私が数字や経営方針をふまえて「相馬の宝だから」と擁護に回ってくれたので、本当にありがたかったと言ってくださったのには、逆に恐縮してしまいました。

ただ、合併後のこの1年は、議員として説明を受ける機会がなくなったこともあり、どういう方向でやっていくつもりなのか、どういう経営状況なのかもわからないので、何とも他人事のように思ってしまっていましたが、支配人からしても市でどういう考えなのか見えずに、非常に苦労したと話していました。
ロマントピアには、地元出身の新支配人以下一丸となって、相馬の観光ばかりでなく、地域結集の拠点となるように地元とつながりを持ちながら、より多くの人に利用してもらえる経営をしてほしいと思います。

« 東国原さん、おめでとう | トップページ | 現場と学校の双方向性を再確認 »

相馬村」カテゴリの記事

コメント

三上さん、移動お手数かけました。確かに、こちらのほうにふさわしい話題でしたね。
私は、以前、ロマントピアの看板を見て「なんだろう」と思い、行こうとしたのですが、道に迷って白神のビジターセンターにたどり着いてしまいました。「青森県の道路標識、なんだかわかりにくい」とよく言われます。「なまってるのかも」と答えておきます。

観光地としてのおもてなしということを考えると、津軽はやはり言葉のバリアフリーというのも考慮しなくてはと思います。しゃべるのはできなくても、表記は、台湾・中国・韓国・英語でほしいものです。

安比高原には青森空港からたくさんの外国の方が・・でHPも4ヶ国語表記です。
http://www.appi.co.jp/index.html

合併によって、岩木山にある百沢スキー場も弘前市のものになったのですが、こちらは観光施設という扱いでして、シーズン券の申し込みを相馬支所ですと建設課にしにいく羽目になるので、何ともちぐはぐです。
何を何のために使うのか、それをどこで管轄していくのか、見直す必要を感じています。

追伸:コメントの場所、移動させていただきました。

ロマントピア、一度行ってみたいと思います。三上さんの「観光施設ではなく教育施設」と言う理念はすばらしいと思います。教育は目先の赤字にとらわれない将来への投資ですよね。

合宿や遠征、スポーツだけでなく演劇やアートなどの文化活動も施設や費用が必要です。私も、微力ではありますが応援したいと思っています。

一方で白神、八幡平・十和田などに便利な、高級感のある温泉も、青森県内にほしいところです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/13629587

この記事へのトラックバック一覧です: 伊藤支配人、お疲れ様でした:

« 東国原さん、おめでとう | トップページ | 現場と学校の双方向性を再確認 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ