« 予防給付認定に、1時間 | トップページ | 奥田先生にごあいさつ »

2007.01.13

あいさつ政治からの脱却

毎年恒例の木村太郎代議士の新春の集いがあり、出席してきました。
申し訳ないことですが、代議士のあいさつや所属している町村派会長、その他の来賓の長い長い祝辞を聞くためではなく、来たる市議選に向けての格好のあいさつの場として足を運んだのです。
政治の場でともに行動してきた仲間からの励ましを受けたり、居合わせた福祉・医療関係者にお願いしたりと、短い時間で多くの人にお会いすることができました。
ただ、そう位置づけていたのは私ばかりでなく、市議選に出馬予定の多くの面々、それも例年であれば足を向けない方々や、果てには昨年の市長選で相馬市長側についていた方までいるのですから、自分を含めて政治家というのは困ったものです。

あいさつすることは当選への大事な行動ですが、それだけで市民の信頼を得られるわけはありませんので、夕方は第2回目のマニフェストワークショップで議論を進めました。

« 予防給付認定に、1時間 | トップページ | 奥田先生にごあいさつ »

政治活動」カテゴリの記事

コメント

マニフェスト、動き出したようですね。
積極的かつ誠意ある三上さんの行動には頭が下がります。

自治区ですが、以前上田さんにもお話しましたが市民自治というのはとても手間のかかる作業です。

三上さんに最初にお会いしたときに、「青森県の労働者は遅刻や欠勤が・・」とおっ者たこと、企業周りをしてみてつくづく真実だと感じています。

豪雪、健康管理、まつり・・労働者を支える地域のあり方を優先したほうがいいのではないかと、ちょっと思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/13479668

この記事へのトラックバック一覧です: あいさつ政治からの脱却:

» 第2回ワークショップの報告 [議会を変える、弘前が変わる]
第2回目は少数精鋭での話し合いでしたが、「ロジックモデル」に沿って、救急救命セ [続きを読む]

« 予防給付認定に、1時間 | トップページ | 奥田先生にごあいさつ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ