« 田鎖所長の心意気にふれる | トップページ | コカ・コーラからのプレゼント »

2006.12.21

提言後の懇談から見える課題

「生活創造推進プラン」フォローアップ委員会が開催され、「事業施策評価システムに関する提言」がようやくまとまりました。
当日は文言の変更箇所の説明だけでしたので、質問もなく閉会となり、予定どおりこととの総括と来年に向けての懇談の席となりました。

総じて、事務的負担や日程調整の大変さ、初めてかかわった委員からは理解の難しさが出ていましたが、私を含めた何人かの委員から、この作業が実効あるものになるよう、他の審議会や財政側とのかかわりが必要ではないかと意見が出ました。
このプランが県にとっての最上位計画であり、それに沿って分野別計画が立てられ実施されていくべきものでなければならないのですから、この手法に沿った評価をそれぞれの審議会が行ってこそ、筋の通った行政システムとなると思うのですが、いくら企画課とはいえ、そこまで踏み込んでいけないのでしょう。

ただ、そこで手をこまねいていては本当の変革になりませんので、来年度も言うべきは言う姿勢で、かかわっていきたいと思います。

« 田鎖所長の心意気にふれる | トップページ | コカ・コーラからのプレゼント »

政策・マニフェスト」カテゴリの記事

青森県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/13161213

この記事へのトラックバック一覧です: 提言後の懇談から見える課題:

« 田鎖所長の心意気にふれる | トップページ | コカ・コーラからのプレゼント »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ