« 恩返しとしての苦言 | トップページ | 昴の流儀にとまどう »

2006.12.01

桜の園を見学

秋田行きの目的はもう一つあって、市内にある老人保健施設「桜の園」を見学することでした。
2月の在介協全国研修会の際に声をかけていただいたご縁で、敷地内に隣接して立てられたグループホームと、今年8月に認可になった小規模多機能居宅介護施設「幸の家」を見せていただきました。

DSC00582.JPG

「幸の家」は、向かいに聖霊学園というミッション系の学校もある閑静な住宅街にあり、施設長が産婦人科を開業していた建物を改築したものです。
医院としてのレイアウトを最大限生かした造りもすばらしいですが、現在の利用者の中に以前ここで子どもを産んだことがある方もいるという話や、高校生たちが気軽に遊びに来てくれるということからも、理想に近い小規模多機能だと感じました。
道すがら、案内してくださった事務長の小川さんから、秋田市の介護保険の状況や施設経営のことなども教えていただき、それもまた参考になることばかりでした。

やはり、人に会い、現場を見ることが、一番の学びになります。

« 恩返しとしての苦言 | トップページ | 昴の流儀にとまどう »

福祉と介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/12902434

この記事へのトラックバック一覧です: 桜の園を見学:

« 恩返しとしての苦言 | トップページ | 昴の流儀にとまどう »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ