« 介護支援専門員専門研修・初日 | トップページ | 巣立ってからの成長に刮目 »

2006.11.10

研修を終えて、ケアマネに望むこと

8日に続いて、専門研修・施設系の6時間にわたる講義と演習を終えました。
内容としては、事例そのもの検討ではなくプランとしての整合性やその評価という観点でのグループワークと、ケアマネージャーとは何かを考えてもらうことがメインでした。
初日が終わってから、事務局やスタッフのところにはさまざまな苦言が届いていたようですが、ケアマネージャーに求められる専門性や資質のレベルを考えると、そのくらいで文句が出るのも情けない気がしますが、とりあえず最後の発表では前向きに取り組もうという感じでまとまったので、とりあえず一段落してホッとしました。

さすがに帰ってからバタンキューでしたが、初日の分に書き込みがあったり、受講者の方からもサイト見てますと言われましたが、これからの時代のケアマネージャーに必要なのは、情報収集ではなく発信だと思っています。
自分たちはどのような取り組みや仕事しているのか、そこでどんなことを感じているのか、知ってもらうことが信頼や地位向上にもつながっていくと思います。
講師をするというのも一つの発信ですから、県外で活躍している方や私ごとき無資格の指導者といった実務に就いていない者ではなく、実践の現場から語ることができる人材が出てくるのを待っています。

« 介護支援専門員専門研修・初日 | トップページ | 巣立ってからの成長に刮目 »

福祉と介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/12629087

この記事へのトラックバック一覧です: 研修を終えて、ケアマネに望むこと:

« 介護支援専門員専門研修・初日 | トップページ | 巣立ってからの成長に刮目 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ