« 1日早く、二重の参観日 | トップページ | 恩返しとしての苦言 »

2006.11.29

県の赤点、今年は見逃し

先日まで行っていた作業を受けて、施策評価システムについての改善案がまとまり、フォローアップ委員会が開催されました。
私が提言したアウトカム指標を設定すること、その理解のために研修を充実させることも盛り込まれていましたが、大事なことを言い忘れていたのに気がついて、発言してきました。

それは、今回の意見が出された項目に関して、いつまでに検討するのか、できれば今年度中にその作業を行って、来年度はきちんとした施策目標にしてほしいということです。
私たち社会福祉法人には、県からの実地指導=監査が行われますが、それで指摘事項があれば、1ヶ月程度で改善案をまとめて、返答するよう求められます。
この施策評価も、どれだけきちんとやっているかのチェックなのですから、不備な点があれば早く直してもらったり、こちらの思い違いには説明をしてほしいというのが、当たり前のことです。
いわば、赤点を取ったのだから、すぐに再試験を受けたり、レポートを出しなさいということです。

同じ委員である清水日銀支店長も同調してくださったのですが、やはり同じ仲間には強く出られない事務局に配慮して、来年度はこれもシステム化することで折り合いをつけました。
こういうことは、先送りしても改善されるものではありませんし、チェックということでの官民格差をそのままにはしておけませんので、二度目の逃げは許さないつもりです。

ところで、開会中の県議会で三村知事が再出馬を表明しました。
今回の生活創造白書でも、政策が達成できたと言えるのが6割で、確かにご本人が言うとおり道半ばということもできますが、最大の課題である雇用を改善できないことを考えれば、失格のレッテルを貼るべきだと思います。
しかし、再選を進める与党は言わずもがな、野党も65点と評価をしているのは、県自体がそれ以下の評価をしていることを知らないと言っているようなものです。
評価なき政治が行われていることに、情けなさを感じます。

« 1日早く、二重の参観日 | トップページ | 恩返しとしての苦言 »

政策・マニフェスト」カテゴリの記事

青森県」カテゴリの記事

コメント

こんなことをしている場合ではないと周囲に言われそうな
近況の私ではありますが、少しだけおじゃまします。

八戸のSNSに参加なさったということ、雇用が大事という意見
さすが、三上さんと思います。
青森県の窮状の最大の原因は、工業化・技術開発の停滞
http://www.mutusinpou.co.jp/news/06111301.html
(陸奥新報)
その根っこには歴史・文化に対するねじれたこだわり、がある
といまさらながら思い知っています。

石川大仏院と西茂森、2人の和尚様の読経を聞きながら、
来し方行く末をボーっと考えていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/12868786

この記事へのトラックバック一覧です: 県の赤点、今年は見逃し:

« 1日早く、二重の参観日 | トップページ | 恩返しとしての苦言 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ