« やはり無意味な情報開示 | トップページ | 西目屋との縁、結ばれず »

2006.10.05

在介協全国大会での成果

昨日今日の日程で在介協の全国研究大会があり、上京しております。
今回も700名もの参加者があり、厚生労働省からの説明や大牟田市の事例報告、今日はポスターセッションの中から5名の報告と盛りだくさんで、長慶苑でも相談員の田中にセッションに参加させました。

ところで私にとっての成果は、昨日終了後に何県かの事務局の方と研修についての情報交換ができたことです。
いつもお世話になっている、全国研修委員長である西元さんからのお声掛かりで急きょの集まりだったのですが、聞いてみると青森県がいかに組織がしっかりし、研修ができる体制となっているか実感しました。
全国の状況を調べ、研修の内容をデータベース化したり、次の研修会の際に全国の担当者が集まる形を取ることを申し合わせしましたが、西元さんからの指示でそれを主導することになりそうです。
新たな活躍の場を得たこと、また新しい出会いが約束されたことが、今回の私にとっての成果です。

« やはり無意味な情報開示 | トップページ | 西目屋との縁、結ばれず »

福祉と介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/12159127

この記事へのトラックバック一覧です: 在介協全国大会での成果:

« やはり無意味な情報開示 | トップページ | 西目屋との縁、結ばれず »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ