« 「親睦」ソフトボール大会の陰で | トップページ | やはり無意味な情報開示 »

2006.10.02

日展を支えているもの

1日、青森県武道館で開催されている「日展」を観に行ってきました。
子どもたちにすばらしい芸術にふれてもらうのも目的ですが、今回も副実行委委員長として骨折りをされている秋田豊先生に、先日の小野寺大作絵画展でのお礼をしたくて足を運んだのですが、すれ違いで残念でした。

秋田先生は、相馬中学校に教頭として赴任されていたことがあり、十年以上経っているにもかかわらずいまだに当時のPTA役員が新年会にお招きするほど慕われている方で、そのご縁で私たちの活動にも喜んでご協力をいただいています。
その際にもいろいろと教えていただきましたが、中弘南黒地区には一生懸命な美術の先生が多く、それがライオンズクラブの平和ポスターコンクールでも数年ごとに国際賞を受賞するのにもつながっているのだということでした。

当日の会場でも相馬中に赴任されていた先生にお会いしましたし、たくさんのボランティアを含めて、こういう方々の力が日展を支えていると納得しました。

« 「親睦」ソフトボール大会の陰で | トップページ | やはり無意味な情報開示 »

子育て・教育」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/12123381

この記事へのトラックバック一覧です: 日展を支えているもの:

« 「親睦」ソフトボール大会の陰で | トップページ | やはり無意味な情報開示 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ