« 大人の手打ちを、とりあえず傍観 | トップページ | 小野寺ご夫妻の思いを受け取る »

2006.09.02

地域リハ研修会でタジタジ

弘前市を中心とする津軽地域リハビリテーション研修会があり、パネリストとして参加してきました。

主催しているのが市立病院が指定を受けている広域リハビリテーション支援センターで、その連絡協議会のメンバーということで指名されたのですが、院長である松川先生が司会でご自分のペースでズバズバと切り込んで質問しておいて、それ以外のことを話そうとするとスパッと打ち切られる繰り返しで、珍しく振り回されてしまいました。
松川先生は、この事業を何とか実のあるものにしたいという思いで協議会の会議でもお役所的な用語でお茶を濁すようなところに突っこみを入れる方でして、それが前面に出た分、こういうディスカッションにしては珍しく中身のあるものになったと思います。

大事なことは、これを機にこういう事業があることを知ってもらうとともに、それにかかわる人たちが機能させるために一肌脱ぐことだと思いますので、その仕組みづくりに協力していきたいと思います。

« 大人の手打ちを、とりあえず傍観 | トップページ | 小野寺ご夫妻の思いを受け取る »

福祉と介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/11730414

この記事へのトラックバック一覧です: 地域リハ研修会でタジタジ:

« 大人の手打ちを、とりあえず傍観 | トップページ | 小野寺ご夫妻の思いを受け取る »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ