« 微妙な違いを、あえて指摘 | トップページ | 「親睦」ソフトボール大会の陰で »

2006.09.29

記者からのメールに、落ち度を知る

前回ふれたとおり、記事が掲載された東奥日報の担当と思われる記者に指摘のメールを出したところ、次のような返事があり、確認するとそのとおりの訂正がされていました。
--

紙面の見出しは「地域包括支援センター 県協議会設立」。
記事も「全県レベルの協議会」という表現で、「県が設立」あるいは「県が主導」とはなっておりません。

ただ、ウェブ東奥のニュース欄の見出しは、(詳しい原因は調べていませんが)入力者が勘違いしたのか、今朝の段階で見出しが「県が協議会設立」となっていましたので、「県協議会が設立」と訂正させて頂きました。
--

これで一件落着ではありますが、そのメールの中に在介協の会長や事務局に何か情報があったら教えてほしいと依頼していたが、何もなかったという経緯があって、名称変更のことも知らなかったということでした。
これは事務局のせいばかりでなく、記者と接点を持っていて今回のようなやりとりができる立場にある私にも責任があると反省しているところです。

« 微妙な違いを、あえて指摘 | トップページ | 「親睦」ソフトボール大会の陰で »

マスメディア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/12090335

この記事へのトラックバック一覧です: 記者からのメールに、落ち度を知る:

« 微妙な違いを、あえて指摘 | トップページ | 「親睦」ソフトボール大会の陰で »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ