« お盆にみちプロ | トップページ | 県美、前途多難の予感 »

2006.08.15

小泉総理の暴挙に通底するもの

今朝、小泉総理が靖国神社に参拝しました。まさに、暴挙以外の何物でもありません。

この件に関しては、ベストセラーとなった高橋 哲哉『靖国問題』 がさまざまな角度から問題点をえぐっていますが、私が許してはならないと思っているのは次の点です。

中韓からの批難やA旧戦犯合祀といった問題ではなく、戦争加害国の責任者として、まず追悼すべきは被害を受けた国々の方々であり、次いで米軍の空襲や原爆によって命を落とした国民であるべきで、戦地に散った英霊に対してはその後に行うべきものだと思います。
小泉総理は知覧の特攻隊の遺書に涙したのは知られていますが、広島・長崎の原爆記念館を訪ねた時の思いを聞いたこともありませんし、ましてや韓国の独立記念館や南京などには足を踏み入れたこともないはずです。

罪もない内外の一般人が受けた苦しみに思いしない人であるからこそ、格差社会にも何のてらいもないのだと思います。
そこに、小泉政治の本質が現れていますし、これを認めるわけにはいかないと思っています。

靖国問題や戦争責任については、一両日中にメルマガでしっかりと思いをまとめようと思っておりますので、この機会に購読していただければうれしいです。

« お盆にみちプロ | トップページ | 県美、前途多難の予感 »

戦争と平和」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

敗戦記念日の内祝いが終了したところです。
三上さんは、まっすぐな、柔軟なかたであるとみこんで
あえて苦言を呈し続けます。

「戦争は、人のこころのなかにうまれるものである」
「善人なおもて往生す。いわんや悪人をや。」ともいいます。

定型的な反戦は、結局は、次の戦争への序章であると
いうことを、木村衆にはぜひ学んでほしい。

ウェルカム トゥ サラエボ という映画観たことがありますか?

ところで、青森県が環境税って・・・財政改革する気はあるのかしら
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2006/20060813140608.asp

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/11443623

この記事へのトラックバック一覧です: 小泉総理の暴挙に通底するもの:

« お盆にみちプロ | トップページ | 県美、前途多難の予感 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ