« これならば、県は不要 | トップページ | ねぷた愛好会総会 »

2006.08.27

千年園まつりにおじゃま

いよいよ「つがるALSウィーク」まで2週間となり、本腰を入れてPRしようと、昨日は弘前市にある身体障害者療護施設・千年園の「千年園まつり」におじゃましました。

千年園は、今年15周年を迎えますが、長慶苑と設計業者が同じという縁があり、開設準備の段階からずいぶんお世話になってきました。
この数年はまつりに顔を出せずじまいだったのですが、この機会を逃すわけにはいかないと、他の施設の行事を勉強する意味もこめて、リーダークラスの職員を引き連れて出かけました。
短い時間だったこともあり、チラシは受け取っても前売り券を買っていただくまでにはいたらずに終わりましたが、少しでも関心を持ってもらえたらと思っています。

ところで、千年園の司会といえばずっと福祉の先達である次長が務めてきたものですが、今回は城東学園の卒業生コンビでした。
当時、非常勤講師を務めてくださっていた社会福祉法人 七峰会の奥田 稔理事長がいらしており、その姿を見ながら自分たちが教えた人間が育っていく喜びや見守っていく責任という話題になりました。
改めて、「先生」と呼ばれる立場の重さを感じます。

« これならば、県は不要 | トップページ | ねぷた愛好会総会 »

福祉と介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/11625588

この記事へのトラックバック一覧です: 千年園まつりにおじゃま:

« これならば、県は不要 | トップページ | ねぷた愛好会総会 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ