« つがるALSウィーク | トップページ | 3度目の奈良美智展 »

2006.08.24

空証文のふれあいセンター

23日、相馬地区での市政懇談会が開催されました。
できれば出席したかったものの仕事の都合で参加できず、気にはなっていたのですが、今朝の地元紙の記事で心配が現実のものになりそうな気配を感じます。

そもそも旧役場一帯の施設を集約して「ふれあいセンター」とする計画は、新市建設計画の中でも相馬地区における最も重要なものだったはずですが、今年度に予算が盛られず、企画部長が「あまりに立派なもの」といった否定的な発言をするようでは、合併前に検討を重ねた基本計画は反古にされたのも同然です。
昭和の大合併で吸収された旧中津軽郡の地域からすれば反発があるかもしれませんが、それは自立を貫いて相馬村をブランド化させてきた努力のたまものですし、それでなくても合併のデメリットしか感じられない村民にとっては認めがたいことです。

私は次期市議選への出馬の意志を固めていますが、世代の代表としてだけでなく、それぞれの地域の独自性が確立できる仕組みづくりの中で相馬地域を守ることをテーマに掲げるつもりです。

« つがるALSウィーク | トップページ | 3度目の奈良美智展 »

合併」カテゴリの記事

相馬村」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/11583512

この記事へのトラックバック一覧です: 空証文のふれあいセンター:

« つがるALSウィーク | トップページ | 3度目の奈良美智展 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ