« これでいいのか、マスコミ報道 | トップページ | 空証文のふれあいセンター »

2006.08.23

つがるALSウィーク

以前から折にふれて紹介してきましたが、公式のご案内をBlogでしておりませんでしたので、遅ればせながらのお知らせです。

私たちは、地域での福祉への理解増進のために、一昨年は認知症をテーマにした映画『折り梅』上映会、昨年は介護保険制度改正を住民に理解していただくためのイベント「つがるケアフォーラム」を開催してきました。
今年は、ALSをテーマにした映画『二人日和』上映を検討していましたが、私たち医療・福祉の専門家でありながら知らないことの多いのに改めて気づき、難病への理解を図るきっかけとして、十和田市在住の画家であり、現在闘病生活を送っている小野寺大作さんの絵画展、そしてALSそのものを理解してもらうためのシンポジウムを連続して開催する企画へと発展しました。
このイベントを通じて、地域の住民に病気の存在そのものを知ってもらうとともに、福祉・医療、そして行政関係者への啓発をめざします。

○小野寺大作絵画展
日時:9/6(水)〜9(土)/10:00〜18:00
場所:上土手スクウェア:弘前市土手町211-7 TEL:0172-36-3650
料金:無料

○「二人日和」上映会 http://turnover.main.jp/
日時:9/8(金)/13:30・16:00・19:00
場所:弘前市文化センター 大ホール
料金(前売)大人:1,200円/子ども:800円/シニア:1,000円/夫婦ペア:2,000円

○シンポジウム
日時:9/9(土)/13:00〜16:00
場所:弘前市保健センター 4F視聴覚室
基調講演:日立製作所・小澤邦昭氏(意思伝達装置「伝の心」開発者)
シンポジスト
弘前保健所/保健師 成田 むつ子氏
訪問看護ステーション「あおい森」/所長 泉 美紀子氏
身体障害者療護施設 山郷館/館長 工藤 伸役氏
弘前大学教育学部/助教授 小山 智史氏
料金:無料
備考:意思伝達装置などの展示も行います
問い合わせ:特別養護老人ホーム 長慶苑/TEL:0172-84-1010

« これでいいのか、マスコミ報道 | トップページ | 空証文のふれあいセンター »

福祉と介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/11569182

この記事へのトラックバック一覧です: つがるALSウィーク:

« これでいいのか、マスコミ報道 | トップページ | 空証文のふれあいセンター »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ