« 「二人日和」試写会 | トップページ | 久方ぶりに桃山へ »

2006.07.09

レジデンシャル・ケア京都会議

6回目となる「レジデンシャルケア研究会議」が、京都で二日間開催されました。
レジデンシャルというのは、「施設における」という意味ですが、今回は、初日はサテライト特養を中心にしたハードの話、今日は介護福祉士のキャリアアップを中心とした人材をメインにした研修でした。
今回の主管は、京都の「ももやま」、他にこぶし園、アザレアンさなだ、こうほうえん、青山里会といった現在の高齢者福祉をリードする施設が中心となり、厚生労働省の課長クラスもバンバンスピーカーで登場するので、最新の情報が入るのは確かなのですが、今月はそれらの施設が中心になっての研修が毎週ある状況で、よくやれるものだと思います。

老人ホームの全国組織である老施協を率いる中村会長体制についていくつもりはまったくありませんが、かといってこのグループとともに行動していくのも大変なことですし、施設の舵を切るのも一苦労です。

« 「二人日和」試写会 | トップページ | 久方ぶりに桃山へ »

福祉と介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/10861320

この記事へのトラックバック一覧です: レジデンシャル・ケア京都会議:

« 「二人日和」試写会 | トップページ | 久方ぶりに桃山へ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ