« ありがとう、ジーコ! | トップページ | 成田武士さん、誕生日に錦を飾る »

2006.06.24

天間林で農業を語る

先週からの「研究ラウンジ」農業シリーズで、とうほく天間JA青年部長・哘(さそう)清悦さんの話を聞きに、天間林(現七戸町)に足を伸ばしました。
哘さんは、農業経営のために会社を設立している営農改革の最前線に立っている人で、来年度からの農業「担い手」対策のために、約500戸の米作農家にを法人雇用の形にしようという、「天間林モデル」を提案していました。

ラウンジのメンバーからは農業者でない立場からの質問や提言があり、地元の議員、JAの理事、員外監事を務めている税理士の方からも積極的な発言があり、有意義な2時間でした。
私も付け焼き刃で聞いてきた相馬村での取り組みを紹介しながら、来年にさし迫っていることなのでJAが強力にリーダーシップを発揮すべきで、政治とは一線を画した法人を設立すべきだと提言してきました。

何はともあれ、これが天間林で実現するのか、さらに県下でのモデルとなりうるのか、注目していきたいと思います。

« ありがとう、ジーコ! | トップページ | 成田武士さん、誕生日に錦を飾る »

青森県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/10656141

この記事へのトラックバック一覧です: 天間林で農業を語る:

« ありがとう、ジーコ! | トップページ | 成田武士さん、誕生日に錦を飾る »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ