« 同友会のインタビュー | トップページ | トキワ養鶏に感嘆 »

2006.06.05

運動会での雑感

昨日は、快晴でさわやかな風が吹く中、相馬小学校の運動会でした。
その中で感じたことを書きとどめておきます。

弘前市になって初めての運動会ですが、来賓に名前が連ねられていた市議の面々で実際にきたのは二人だけでした。一方、元村長・山内良衛さんは来賓に名前がなくても、祖父としてこっそりと応援にきていました。
市議の方からは、がんじがらめの議会運営で在任している意味がないという愚痴を聞きましたが、そうなることは予想されていたことですし、市政に相馬村の意向を反映させるためには自治区や運営協議会を作って、そのトップに良衛村長を据えるべきだったと、改めて取り返しのつかない失敗をしたのを痛感しました。

ところで、小学校は昨年からハーフパンツでもよいことになったのですが、合併して市の小体連に参加するために、白もしくは紺の短パンに統一していくことになりました。
まさに時代遅れな話ですので、校長先生にハーツパンツを主張してはどうかと話したところ、校長会の陰にいる退職校長の方々の考えを変えるのは難しいということでした。
相馬出身の市議は、教育委員に相馬村の関係者がいないと退席したのですが、こういう目に見える立場ではない存在に左右されている教育行政だとすれば、全く無意味な行動だったということになります。

終わってからは、現住している昴地区はそのまま解散、古巣である水木在家では公民館で反省会ということで、顔を出してきました。
スポーツ活動や子ども会、消防団など、自分たちが直面していることで、さまざまな話をすることができました。
運動会ばかりでなく、住民が集まる機会だからこそ、多くの声を聞くことができますので、こういう場が少なくならないようにがんばっていかないといけません。

« 同友会のインタビュー | トップページ | トキワ養鶏に感嘆 »

相馬村」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/10399247

この記事へのトラックバック一覧です: 運動会での雑感:

« 同友会のインタビュー | トップページ | トキワ養鶏に感嘆 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ