« ねぷた愛好会、本格始動 | トップページ | 居酒屋外出 »

2006.05.24

さよなら、慶子先生

夕方、介護保険の認定審査会があったのですが、今日だけは定刻より早めに開始となり、てきぱきと審査を終えて、すぐ近くのセレモニーホールへと向かいました。
弘前市の女医の先駆けであり、医師会のねぷたでは前ねぷたの上に立って進む姿で知られた前田慶子先生のお通夜でした。
慶子先生には、地区老施協会長時代に記念講演をお願いしたことがあり、その依頼に医院に足を運んだところ診察室でタバコをふかしながら応対されたので、ビックリした思い出があります。

まさに女傑を絵に描いたような先生を、どのように送られるのか楽しみにしながら参列したのですが、3名の弔詞に加えて長年つきあいのあった導師様の思い出話もつきず、哀調を帯びたねぷた囃子の後で、15年も前から葬儀委員長をお願いされていた鳴海康安先生、そして喪主である妹さんのあいさつまで、1時間半の長い通夜となりました。
それでも慶子先生らしいエピソードが語られると笑いが起きる場面もあり、慶子先生も笑いながらどこかで見守っていてくれているような感じがしました。

ひとまずご冥福をお祈りいたしますが、慶子先生はみんなの心の中で生き続けていくことと思います。

« ねぷた愛好会、本格始動 | トップページ | 居酒屋外出 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/10212930

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら、慶子先生:

« ねぷた愛好会、本格始動 | トップページ | 居酒屋外出 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ