« 弘前市長選を振り返る | トップページ | 弘高陸上部員に戻る »

2006.05.22

KOMI理論研究会、初の総会

20日に長慶苑で使っているケアプラン方式であるKOMIチャートを学ぶ場である、「KOMI理論研究会」の総会があり、日帰りで上京してきました。
これまではセミナーなどを主宰している金井 一薫先生のナイチンゲール研究所が取りまとめてきたのですが、先生一人に頼っているのを改め会員による自主的な運営へと変えていくために、これまでは評議員会どまりだったのを全体での総会に切り替えたのです。

参加者そのものは多いとは言えない状況でしたが、これまでは年1回の学会で顔を合わせるしかなかった方々とお会いして、これからの方向性を話しあったり近況報告ができただけでも、足を運んだ甲斐があったと思っています。
介護保険制度だけでなく医療の世界も改革に振り回されていて、ケアの本質はどこかへ吹っ飛んでいるのが現状ですが、一番大事なのは現場でしっかりとケアをしていくことですし、そのための学びを続けていこうと思っています。

« 弘前市長選を振り返る | トップページ | 弘高陸上部員に戻る »

福祉と介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/10184434

この記事へのトラックバック一覧です: KOMI理論研究会、初の総会:

« 弘前市長選を振り返る | トップページ | 弘高陸上部員に戻る »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ