« 校長先生のムガシコに号泣 | トップページ | 実務研修で恩返し »

2006.03.20

「星の郷」移転を公表

昨日の日曜は各地区の総会が立てこんでいる日でして、例年であれば議員として地元・水木在家で出席するところなのですが、今年は湯口地区の総会にあいさつに出向きました。
それは、これまで長慶苑に併設して取り組んできた認知症専用のデイサービスセンター「星の郷」を、湯口にある村有の建物を借りて移転することにしたからです。

これまでは一般型/認知症型といってもあまり違いはなかったのですが、認知症型はグループホームなどとともに地域密着型のサービスに含まれることになりました。
そのカテゴリーには、小規模多機能型サービスもありますので、ゆくゆくはそれに移行させていくためにも、まずは地域の中に出ていってサービスを展開しようという決断をしたのです。
場所についてはさまざま検討したのですが、利用者のご家族から縫製工場が空くようなので地域のためにもどこかで使ってほしいという話を聞いて、合併前に村と協議の上契約を結ぶことができました。

これからお世話になりますとあいさつさせてもらったところ、地区の方々も好意的に受けとめてくださったようですので、5月の移転に向けて準備を進めていきたいと思っているところです。

« 校長先生のムガシコに号泣 | トップページ | 実務研修で恩返し »

相馬村」カテゴリの記事

福祉と介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/9172912

この記事へのトラックバック一覧です: 「星の郷」移転を公表:

« 校長先生のムガシコに号泣 | トップページ | 実務研修で恩返し »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ