« 実務研修で恩返し | トップページ | 開苑10周年 »

2006.03.30

長慶苑の卒業生

長慶苑で勤めた後、弘前大学保健学科理学療法科に社会人入学した元職員が、卒業と就職のあいさつにきました。
長慶苑での介護の経験や、常勤でがんばってもらっている作業療法士の姿を見て再進学を志しただけに、長慶苑にとっても卒業生といえる存在です。
元々福祉を学んだのではなく、違う道から社会との接点を持つ場として、この世界に飛び込んできたいきさつがありますので、回り道した分どうやって社会とつながる仕事や生き方をしていくか、見守っていきたいと思います。

ところで、こうやって就職が決まる新人がいる中で、医療法改正のあおりで慢性期のリハに取り組む環境がせばめられているそうで、利用者でも通院してのリハを受けられなくなってしまった方もあります。
それが伝わったのは、今月下旬になってからで、こういう迷惑のかかる改正の仕方が、議論もなく唐突に出てくる改正でいいものかと、憤りを感じてます。

« 実務研修で恩返し | トップページ | 開苑10周年 »

福祉と介護」カテゴリの記事

コメント

御迷惑をおかけする辞め方をしたのにも関わらず、過分な程の言葉をいただき、
有り難うございます。
苑長からの「宿題」、一生かけてきちんと模索していこうと思っております。
改めて、長慶苑の職員でいられて、その機会をいただけて感謝しています。
当時のデイ主任や同僚のみんな、OTの先生、そして利用者の皆様に、育てられ、
教えられたことがたくさんあり、今でも新たな発見として、改めて思い起こすことが多々あります。

学校の先生(Dr)の「お前はPTになって最終的に何を目指してるんだ~?」との問いに
「いい介護です」と答えて面白がられたことがありましたが、
一人の人とその家族が、何かをあきらめていくのでなく、笑ってしたいことをして過ごして
一生を終えられるような援助ができるよう、諸先生方の中で、ささやかでも力を尽くして見て学んで、専門職としての自分の関わり方を見つけられたらと思います。
どれだけ先の話かわかりませんが、いつか何かの形でお返しできる日がくるよう精進したいと思います。長くなりましたが、今後とも、御指導御鞭撻をいただけますよう、よろしくお願いいたします!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/9334881

この記事へのトラックバック一覧です: 長慶苑の卒業生:

« 実務研修で恩返し | トップページ | 開苑10周年 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ