« 「ねぷた愛好会」の声を聞く | トップページ | ぱるるプラザの「西田」さん »

2006.02.08

新予防給付従事者研修

4月からの介護保険制度改正での大きな目玉である、新予防給付のマネジメントに従事する予定の職員に対する研修会が開催されました。

中旬の演習編は3地区に分かれる形式となっていますが、今回の講義編には1事業所1名の制限にもかかわらず500名を超える方々が全員集合しました。

それだけ現場の関心は高いのですが、4月の時点で40となる市町村のうち、そのマネジメント機関である地域包括支援センターを当初から立ち上げるのは半分に過ぎず、なおかつ今回参加した居宅支援事業所すべてが介護予防プランの委託を受けられるとは限らないのです。
青森県は、要支援・要介護1の軽介護度の方々が全国に比して多く、それゆえに新予防給付にはどこよりも真剣に取り組まなくてはならないのですが、市町村が動かないことで、逆に全国でも最低レベルの実施率になりそうです。

司会を仰せつかっていた特権で、この研修が無駄にならないよう、事業所・介護支援専門員側からも市町村に強く実施を求めてほしいと、最後に訴えておきました。

« 「ねぷた愛好会」の声を聞く | トップページ | ぱるるプラザの「西田」さん »

福祉と介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/8559526

この記事へのトラックバック一覧です: 新予防給付従事者研修:

« 「ねぷた愛好会」の声を聞く | トップページ | ぱるるプラザの「西田」さん »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ