« 弘前市に「行って」、最後の昼食 | トップページ | 田高先生の調査報告 »

2006.02.28

福祉の黄門様を招く

26・27日に行われた、全国在介協トップセミナー・研修会に参加してきました。
研修そのものも大事なのですが、合併のその時を直に目の当たりにしたくないという思いで、逃れてきたのです。

実質二日目の午前中だけしか参加できない日程だったのですが、シンポジウムの席で黒木会長がわからん市町村には儂が足を運んで説明するとおっしゃったので、弘前市の惨憺たる準備状況を伝え、ぜひ福祉界の黄門様として弘前市に来てくださるよう訴えました。
さすがの黒木会長は、その場で87歳の老い先短い身であるから、まずは弘前市に行きましょうと即答してくださいました。

黒木会長のこの姿勢、また周りの方々の地域福祉を思う情熱があるからこそ、苦しい状況でもたくさんの人が集まる研修ができていると思いますし、私もその一翼を担う活動をしていこうと思っています。

« 弘前市に「行って」、最後の昼食 | トップページ | 田高先生の調査報告 »

福祉と介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/8875052

この記事へのトラックバック一覧です: 福祉の黄門様を招く:

« 弘前市に「行って」、最後の昼食 | トップページ | 田高先生の調査報告 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ