« 最後の村民スキー大会 | トップページ | NPOそうま、産みの苦しみ »

2006.02.11

トリノからのメール

いよいよトリノオリンピックが開会となりました。
世間の注目は女子フィギュアやモーグルに集まっているかもしれませんが、これまで何人もの五輪選手を輩出してきた相馬村の人間としては、アルペン男子の佐々木・皆川、そして複合の高橋が、日本や世界をあっといわせる成績を上げてくれるのを期待しています。

ところで前にもふれましたが、その複合ヘッドコーチとして中学の同級生・成田収平がトリノ入りしています。
開会式を終え、日本選手団の先頭を切って出陣する直前情報がメールで届きましたので、皆さんにもお知らせします。

「おはよう。
トリノです。今朝は天気も快晴。気温はー10度くらいかな!?
いよいよコンバインドは今日初戦グンダーセンです。コーチングボックスで日の丸扇子で合図しますので見てて下さい。
高橋の腰も大丈夫な感じです。試合は出ます。」

皆さんも、複合チームへの応援、よろしくお願いします。

« 最後の村民スキー大会 | トップページ | NPOそうま、産みの苦しみ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

もちろん応援します!!
remember all the people♪

なみおかにも、リンクしますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/8607865

この記事へのトラックバック一覧です: トリノからのメール:

« 最後の村民スキー大会 | トップページ | NPOそうま、産みの苦しみ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ