« 算数フォーラムを参観 | トップページ | 市長選への思いを伝えるには »

2006.01.06

交流ワークキャンプ、復活

昨日今日の二日間、冬期ワークキャンプを開催しました。

DSC02557.JPG

これまでずっと旧木造町の3中学校と相馬中とで交流しながら行ってきたのですが、つがる市の合併、内潟療護園の分園のあおりを受けて、夏は初めて単独でやらざるを得なくなってしまったのですが、秋に館岡中学校にお話ししたところ、快く応じてくださり、大雪の中3人の生徒が参加してくれました。

相馬村もいよいよ合併が近づいてきましたが、自治体のサイズが大きくなればなるほど、地域単位での交流が大事になりますし、こうやって次の世代を育てる努力を介護保険の渦中にあればあるほど大切にしていくべきだと思っています。

« 算数フォーラムを参観 | トップページ | 市長選への思いを伝えるには »

福祉と介護」カテゴリの記事

コメント

三上さん、昨日はお忙しいところ寄っていただいて、
ありがとうございました。

次世代の育成と情報化はこの地区の発展のキーワードだと
私は思います。中橋さんのお話を聞きながら、福祉と言うのは
決して弱者の保護ではなく、すべての人が輝ける場所、安心
して能力を発揮できる場所を作ることだと、思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27994/8029770

この記事へのトラックバック一覧です: 交流ワークキャンプ、復活:

» はじめての単独ワークキャンプ [三上直樹、かく語りき]
昨日17日から1泊2日で、夏期ワークキャンプをやっています。 今回は、木造町が [続きを読む]

« 算数フォーラムを参観 | トップページ | 市長選への思いを伝えるには »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

Twitter

ブクログ

Amazon


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jp のロゴ

国際漫画展

無料ブログはココログ